西暦1800年代の偉人

~アルトゥル・ショーペンハウア~の名言集|名言まとめドットコム

自分の幸せを数えたら、あなたはすぐに幸せになれる。

未だかつて、自分が幸福だと感じた人間は一人もいなかった。もしそんなのがいたとしたら、きっと酔っぱらってでもいたのだろう。

実生活と一貫した夢とは、同じ一冊の本のページである。

もしも人間がありとあらゆる苦悩や苦悶を地獄に追い払ってしまったら、天国のために残っているのは退屈だけでしかない。

人間の本来の存在はただ現実の中にしかなく、現実が過去の中にくりこまれていくことは、

死への休むことない移行であり、休むことなく死んでいくことである。

人生は粗いモザイクの絵に似ている。美しく見るためには遠く離れていなければならぬ。間近にいては、それは何の印象も与えない。

まとめ

今回は「アルトゥル・ショーペンハウアー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「アルトゥル・ショーペンハウアー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム