西暦1800年代の偉人

【シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Wikipedia

今回は有名な「シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールとは

シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール(Charles-Maurice de Talleyrand-Périgord, [talɛrɑ̃ perigɔr] 発音例1発音例2, 1754年2月13日(2月2日説も)- 1838年5月17日)は、フランスのフランス革命から、第一帝政、復古王政、七月王政までの政治家で外交官である。ウィーン会議ではブルボン家代表となり、以後も首相、外相、大使として活躍し、長期にわたってフランス政治に君臨した。日本では一般に「タレーラン」と略される。姓はタレーラン=ペリゴールで、現代でもフランス有数の大貴族であるが、ブルボン王政ではオータン司教、第一帝政ではベネヴェント大公であった。日本語でのカナ表記はタレーランまたはタレイラン。有名な画家ウジェーヌ・ドラクロワは、その容貌、容姿の酷似やフランス政府の保護などから、息子ではないかといわれる。フランス第二帝政の政治家シャルル・ド・モルニーは孫。

参考:Wikipedia

シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールの名言集

快楽さえなければ、人生はきっと耐えうるものだろう。

(リベラルな憲法案を嫌うブルボン家を言葉巧みに説得して、新憲法を押しつけた)ブルボン家がこの憲法を受け入れることが、王制復古の必要条件なのです

私は、ナポレオンを裏切ったり、陰謀を企んでいたことはない。私自身が人生において策略を用いたとすれば、フランス人が共犯であった時に限られるのであり、私は救国を望んでいた.....誓って言うが、ナポレオンより危険な陰謀家はいなかったのである。

言葉が人間に与えられたのは、考えていることを隠すためである。

暗殺とは、ロシアでもっともよく用いられる免職方法である。

感受性が強すぎると不幸をもたらし、感受性がなさすぎると犯罪に導く。

戦争は、軍人達に任せておくにしてはあまりに重要すぎる。

自分の事を悪く言ったりしてはいけないよ。だって、そんなことは君のお友達がいっつも充分なほど話してるんだから。

私は、不徳義漢で権謀術数の徒であると見られているが、実は物に動じないで人間を見下していただけなのだ。

1789年以前に生きたことのない人に、人生の甘美さはわからぬ。

それでは君、ホイスト(カルタ遊び)はおやりにならないのかね。ああ何という悲しい老年を君は自分のために準備していることであろう。

お待ちください。非難する相手を間違えておられる。私はフランスのブルボン朝の代表とてこの場におります。あなたがたはルイの処刑をお忘れでしょうか? 私どもは皆さんと同じ革命の被害者なのだということをはっきりと申し上げておきましょう。そして、すべては革命の前に戻すべきです

あのような偉大な方が、ここまで育ちが悪いとは残念ですな。

カフェ、それは悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように清く、愛のように甘い。

言葉は人間の思想を装飾するためにあたえられた者である。

非常に美しい女性だが、こんな怠惰な女性はいまだかつて見たことない

私がどんな人間だったか、何を考えていたか、何を望んでいたか。それを数世紀間にわたって議論してもらいたいのですよ。

会議は踊るされど会議は進まず

「第三身分層(市民層)」の反教会主義に同調して)フランス革命政府は、カトリック教会の全財産を没収すべきである

誹謗中傷よりも酷いことがひとつある。それは真実だ。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム