芸能人・タレント

【成田 凌】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Sony Music Artists Inc.

今回は有名な「成田 凌」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「成田 凌」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

成田 凌とは

1993年〈平成5年〉11月22日生まれ、埼玉県出身。日本の俳優、ファッションモデル。
元々美容専門学校に通っていた。「このままでは簡単に夢が叶ってしまいそうでつまらない」と思いながら就職活動をしていた時、当時同居していた友人の志望先と自分の志望先が同じということが分かり、それが契機となって美容師への道を諦めた。その後、ファッション雑誌『MEN'S NON-NO』のモデルオーディションに合格、現在の芸能事務所に入所。
元々俳優志望であり、『MEN'S NON-NO』のオーディションを受けた際も「役者をやりたいので、手助けをしてほしい」と伝えていた。2014年、フジテレビNEXT smartオリジナルドラマ『FLASHBACK』にて高梨臨とのW主演で俳優デビュー。
2016年3月から4月にかけて、日中韓合作映画「双生」の日本版の撮影を北京市で行う。同年7月、アニメーション映画『ONE PIECE FILM GOLD』、8月に『君の名は。』に声優として出演。

参考:Wikipedia

成田 凌の名言集

人生の選択は出逢う人によっても変わるので、付き合う人を選ぶのは大事だなって思いました。

本当にちゃんと本気でやれば、できないことはないんだなって思います。

仲間との時間を楽しんで何かを一生懸命やれば、周りをビックリさせるようなことが出来るかもしれない。

一歩踏み出すだけで、見える世界は変わってきますからね。とはいえ、間違ったところに踏み出しては絶対にいけないんです。そうならないために、自分の見る目を磨くことも大事だと思いました。

自分で考えても限度があると思うんです。それからは人にアドバイスをもらうことが大事だと気づいたんです。

中身って外見にも出ますから。そういう意味では見た目も大事です。顔が整ってるとかそういうことではなく、身だしなみとか、立ち居振る舞いとか。

就職活動をしているときに、このままでは簡単に夢が叶ってしまう気がして、それではつまらないと思ったんです。あと、当時一緒に住んでいた友人が自分と同じサロンを就活で受けると聞いたので、“もうやめた!”って。それでメンズノンノに応募して事務所に入りました。

1週間に1回、髪切ります

このTシャツつくろーって思ったんだけど誰も着なそうだからやめました。

タオルケットは愛

タオルケットは育てるもの

ペロペロしてんじゃねぇ

好きなもので埋まったタイムラインをみているだけで、僕たちは幸せを味わうことができる。でも、毎日に楽しい刺激をくれるのはきっと、自分が好きなもの、だけじゃない。

今の時代、大切なのは、ブランドじゃない。本質に、帰ろう

今日本で一番嫌われてる男2人

自分に気を使えない人は他人にも気を使えない

笑いと涙の隙間は紙1枚

色んなことがあったおちょやん

心底惚れるって、全てにおいてその人だけは例外になるんですね

人の苦しみを簡単に分かってたまるか

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム