芸能人・タレント

【太田 光代】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:【太田 光代】の名言集

今回は有名な「太田 光代」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「太田 光代」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

太田 光代とは

本名 太田 光代(おおた みつよ) 出身 日本・東京都府中市 生年月日 1964年7月6日
日本の芸能プロモーター、タレント。芸能事務所・タイタン代表取締役社長。夫は爆笑問題の太田光

高校卒業後、モデル事務所に所属し、グラビアやキャンペーンガールなどのモデル活動を始め、バラエティ番組『鶴ちゃんのプッツン5』(日本テレビ)のコンテスト企画に出演したのがきっかけで、太田プロダクションにスカウトされる。
爆笑問題は太田プロを離脱し独立したが、この独立は円満なものでなかったために仕事が全くない状況が続き、田中裕二と共にアルバイトやパチンコ・パチスロで生活費を稼ぐ苦しい日々を送った。1993年に芸能事務所・タイタンを設立した。
無名時代から爆笑問題を支え、事務所社長として手腕を振るう。爆笑問題が干されていた時期は、どちらも下戸である太田・田中に代わって、お笑い番組のディレクターやプロデューサーを積極的に接待し、「爆笑問題の漫才を見てやってください!」と土下座するなど、熱心に営業活動をしていた。

参考:Wikipedia

太田 光代の名言集

仕事では感謝されることの喜びに重きを置かない方がいい。プロとしてベストを尽くし、見返りを求めない。

(仕事について)どんな依頼も何かにつながるはずだと信じ、自信がなくてもやらせてもらう。今も基本は変わらない

やるべきことがいくらでもあるはずで、「これで十分」という考えに至ることは永遠にない

私は何もしないより、やってダメな人生の方が潔くて好き。

不満を抱いても、損するのは結局、自分だけ。

「仕事と私とどっちが大事なの?」とか、言ってみたいなぁ(笑)。

(社長業について)欠点だと思った性格が見事に強みに転じて、天職になった感じ。

性格が合う人がいる一方で、合わない人もいる。人間関係はそれが当たり前。たまたま、あなたとその人のウマが合わなかっただけ。

世の中に出るのを怖がって、その恐怖心が欠点になっている人が多い気がします。

理解しがたい太田光のことを気に留めてくれる人に、私は感謝しています。

堀江さんのクリスマスキャロルをXX CLUBの二人と観てきたの。堀江さんって弊社の若手の事でもなんだけど。若い人を応援する気持ちが嫌らしくなく強いから、そういうところが良いなぁって、いつも尊敬してみているの。自分が盾になって誤解されてることがあるけど。それも想定内なんだろうな。クリスマスキャロル2019。若い役者さんが中心の良いお芝居と、堀江さん推しの牛肉のコース料理で楽しいひと時を味わったのでした。

笹塚のキャンティで。酔いどれましたの。酔拳できそう!だもんね。

長野小諸のお蕎麦やさん。こちらおススメ。長子庵さん。私は茎わさび蕎麦を頂きました。

横に流れる花火ではないのですが、画面転換が出来なかったので、画面を横にして見るか、首を横にして見て下さいね

死ぬときは、子供もいないんで老人ホームかなあって思ってますけどね

本日も美味しく頂きました太田さんが桃のパフェ、私は桃のプレート。笹井マネージャーが苺のパフェ。メロンのアレは皆んなでシェア。で、あと2枚で桃とメロンとスイカのパフェが貰えるのです!

何が人生で一番つらかっただろうかって考えると、その幼少期の入院生活。あれを思うとどんな困難に直面しても乗り越えられる

「ねこマトリューシュカ」の正体。中に、こんなにいたのか

男の人は年を取ると妙に子どもっぽくなる。でも、夫が子どもに戻っても、彼を好きな気持ちは変わらないと思う。また一緒に楽しく遊べばいいの

いつもお互い(夫婦間)の「かまって欲しい」が噛み合ってないんですよ

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム