その他有名人

【テリー伊藤】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「 テリー伊藤 」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「 テリー伊藤 」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

テリー伊藤とは

1949年12月27日に東京都中央区築地で生まれる。テレビディレクター、テレビプロデューサー、タレントである。

実家は東京・築地場外市場にある玉子焼き店『丸武』で早稲田実業学校中学部・高等部、日本大学経済学部卒業する。 大学卒業後、1973年にIVSテレビ制作に入社し2年後に放送が開始された『びっくり日本新記録』にADとして参加し、テレビマンとしてのキャリアを開始させた。

1985年に独立しロコモーションを設立する。 2002年4月から2006年3月まで4年間にわたり、『ザ!情報ツウ』のレギュラーコメンテーターを週2回務めた。さらに『ザ!情報ツウ』の後継番組『スッキリ!!』にも総合司会として引き続き出演する。 2007年頃、「キャラクタービジネスで”10億円稼ぐ”」ことを目標にプロジェクトを立ち上げ、「ナニティー」というキャラクターを誕生させる。また、その模様を2年半に亘り追ったドキュメンタリー映画『10億円稼ぐ』では自ら監督を務めた。

参考:Wikipedia

テリー伊藤 の名言集

40代の頃から「テリー伊藤」を名乗るようになった

リングネームみたいに別の名前をつけたほうが、思い切って暴れられるような気がした

ここまでキャリアを重ねてきた自分のスタイルや価値観が武器

次にいい仕事をするために私が考えるべきことはいくらでもある

「テリー伊藤って天才ディレクターなんだ」というふうに定着していった

「何かになったつもり」になれば、思い切ったことができるかもしれない

選手が緊張しようが伸び伸びしようがどっちでもいい。要は、ちゃんと戦力になってくれればいい

「なぜ叱らなくちゃいけないのか」と問い直してみて欲しい

ヘンテコリンなほど面白い

人は皆褒めて欲しいの

80歳でもバリバリの現役の先輩たちがたくさんいる時代、40代はまだまだ「青年」

「その年齢になったらもう下降線」は生涯あり得ない

遅咲きの芸能人は「今は咲いていないけど、逆転するための準備」をしていたの

人生というマラソンレースの勝負を大きく左右する

関根勤の最大の良さは、自分の弱さを隠さないことだ。

無理難題な仕事や課題を与えてもらい、それをこなすことでパワーアップすることができます

成功者たちは基本的にMだ

成功者には、必ず、成功の原因がある。

成功者や優秀な人を見て何かを学ぶときに大切なのは「この人の良さはここだ」と感じ取ること

デキる人間とデキない人間は、一体どこが違うのか。その答えは時代によって変わってくる。

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2021 名言まとめドットコム