芸能人・タレント、お笑い芸人

【笑福亭 鶴瓶】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「 笑福亭 鶴瓶 」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「 笑福亭 鶴瓶 」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

笑福亭 鶴瓶とは

1951年12月23日大阪府中河内郡長吉村で生まれる。日本の落語家、タレント、司会者である。本名は駿河 学である。 愛称は「鶴瓶さん」「べーさん」などである。

若手時代、鶴瓶はアフロヘアーにオーバーオールという落語家らしくないスタイルを続けていた。吉本興業所属の桂三枝や笑福亭仁鶴と比べ、自身の所属する松竹芸能の落語家が年齢が高いというイメージがあり、落語家の「古臭い感じ」に対する反発からそうしたファッションをしていた。

初のレギュラー番組は近畿放送の『丸物ワイワイカーニバル』で、以降、近畿・中京地区でラジオ・テレビを中心に活動する。

1990年代以降は、本業の落語家やテレビタレントのみならず俳優や司会者としても活躍するようになり、顕著な活躍を見せている。その傍ら、関西圏のラジオ局では現時点でもまだレギュラー番組を持ったことがないラジオ関西を除き、必ずレギュラー番組を1番組は持っている。

参考:Wikipedia

笑福亭 鶴瓶 の名言集

司会者として出演者に嫌なことをさせないよう意識してきました。

自分の影響力を自分で感じながらひとつずつ上に行く気持ちを持ってやっています。

一切台本は持ちませんでした

正月は昔から休む

あくまで自分のラインを貫くことがすごく大事なんです。

こんなええの生まれてるんやから

「かたじけない」って僕が言うたら笑わはった。いや、ホンマに。

俺に話しかけるとき、ちょっとみんな笑てはるやろ。

嫌いとかいうのは、好きやから嫌いなんやろ。

基本をきっちり続けることが、自分の型の基本をつくってくれたと思っています。

2005年は1年間に584個おもろいことがあったんですよ。

傷つける笑いは欲しくないですね

あったことが一番おもしろい

いろんなわらじを履いた方がいい。

世界を持ち、型を持たないとダメだ

小さな世界でも、そこで必要とされることに意味がある。

自分の世界を作って中心人物を目指すんです。

人の心を開かせる魔法は「笑わせること」に尽きる。

神様から「お前もなんかせい」と言われて人は生まれてきてるんや

戦争なんかするな。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント、お笑い芸人

© 2021 名言まとめドットコム