その他有名人

【吉田 沙保里 】霊長類最強の名言集|名言まとめドットコム

引用元:吉田沙保里 Official Website

今回は有名な「吉田 沙保里」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「吉田 沙保里」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

吉田 沙保里とは

吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年〈昭和57年〉10月5日 - )は、日本の元女子レスリング選手で現在は指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(2004年、2008年、2012年)。父親はレスリング選手・指導者の吉田栄勝。血液型はO型。

中京女子大学(現・至学館大学)卒業。同大学元副学長。学位は学士 (健康スポーツ科学)。そのほか名誉学位・称号として名誉修士(中京女子大学)を有する。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは日本選手団主将を務めた。また、2016年9月には現役を続行しつつレスリング女子日本代表コーチに就任した。

参考:Wikipedia

吉田 沙保里の名言集

女に生まれて良かった。男だったら試合で人を殺してた

プレッシャーは勝ちたければ勝ちたいほど強く持つもの

練習のときは、やっぱりやる気があるときとないときが本当にあるので。やる気がないというか、ちょっと気分が乗らないときや疲れているときとかは、あまりガーッとやらないようにしたりとか、考えながらやります

自分を信じて戦った

レスリングのことしか考えていなかったです

小さい時の思いと今の思いは全然違います。自分でやらなくてはいけない。レスリングはやらされているのではなくて、自分からやっているという感じです

常に全力でやる!集中して一生懸命やる!

私は勝ち続けることで成長したんじゃなく、負けて強くなってきたんです

試合が終わったとき、私の手が上がっていればいい。大事なことは、表彰台の一番上に立つことだけ

谷亮子選手が金メダルを取られたのをみて『私も欲しい』とお父さんに言ったら、『金メダルはスーパーやコンビニで買えるものではない、目指して勝ち得るものだ』と言われて目指し続けた

金メダルの数は忘れました

『五輪前に負けてよかった』そう思いました。自分の中にどこか甘さがあったのでしょう。あの負けは、自分の意識を変えてくれました。精神的にも強くなれたし、技術的にも進歩できました。連勝中なら絶対にそんなことしないでしょうけど、初心に戻って練習に打ち込みました(五輪直前のワールドカップで敗北したことに対する発言)

カワイイ外国人選手と戦う時は集中力が上がりますね。『こいつ、何でこんなにカワイイんだ』って。すぐに倒したくなります。燃えてきますね。『ブン投げてやる』って

好きな食べ物は?…焼き肉です

目標や夢は、早い内からあるとチャンスが広がります。最後まで諦めない人になってください

悔しくて寝れないくらいじゃないとね

勝ちたいという感情ですら邪念

練習場に何をしに来たのか!を自分に問いかけながら練習に取り組む

メールやブログのコメントを観て、負けてはいけないんだと思って頑張れた

(怖いものは?)おばけとかジェットコースターとかダメです

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム