その他有名人

【野村 克也】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:阪神タイガース公式サイト

今回は有名な「野村 克也」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「野村 克也」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

野村 克也とは

野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日[)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家。愛称は「ノム」(ノムやん・ノムさん)「ムース」。

選手としては、史上2人目・パ・リーグ初の三冠王達成、選手出場試合数歴代2位、監督出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算安打数歴代2位、通算打点数歴代2位、通算塁打数歴代2位、通算打席数1位(11970打席)、通算打数1位(10472打数)、通算犠飛数歴代1位(113犠飛)、通算併殺打1位(378打)、最多記録となるベストナインを19回受賞、パリーグ最多記録となる本塁打王を9回獲得、打点王を7回獲得、パリーグ最多記録となる最優秀選手を5回受賞などの記録を持つ。

監督としても「平成」(1989年1月8日 - 2019年4月30日)期間の最多勝利記録を保持する。

参考:Wikipedia

野村 克也の名言集

若いときは24時間野球漬けになって、どうしたら成績を残せるかだけを考えなさい。決してバチは当たらないから。

才能には限界がある。でも、頭脳に限界はない。

私は野球のことしかわからないんですが、野球に関していえば、一流と二流の差は努力と頭脳の差だと思います。

「どうするか」を考えない人に、「どうなるか」は見えない。

優勝というのは強いか、弱いかで決まるんじゃない。優勝するにふさわしいかどうかで決まる。

人を判断するときは決して結論を急がないこと。

縁を大切にすると、人生はより豊かになる

良書は表現力を豊かにする

自己犠牲をいとわない人には、信頼が集まる

部下を「信じる」というのは、リーダーの重要な資質。

重荷があるからこそ、人は努力するのである。重荷があるからこそ、大地にしっかりと足をつけて歩いていける。

正しい努力をできることは野球選手として成功するための必須条件だといってもいいでしょう。これは、私の指導方針の大きな柱でもあります。

選手がどういう場所で生きてくるかを気づかせるのが監督の役目でもあるんです。

環境が人を育てるというのもありますから、安いクラブやバーには一切行かずに、一流の店に行くことにしました。まあ、私は酒を一滴も飲めないのですが。

野球選手、とくにピッチャーは自惚れが強いから、嫉妬も当然強いのです。ライバルよりも俺の方が実力は上だと信じているような奴らばかりで、そういう選手たちに理解させるには信頼関係しかありません。

ナポレオンは「人間を動かす二つのテコがある。それは恐怖と利益である」と言った。私はこの二つに「尊敬」を加えたい。リーダーは「利益と尊敬と、少しの恐怖」で組織を動かしていくべきで、その潤滑油が「笑い(ユーモア)」だ。

大きな舞台になればなるほど、勝負は技術だけにとどまらない。人間そのものの対決になる。

リーダーシップとは人を動かす、先を読むこと。人を動かすのは生きがい、夢、希望、目標、目的、ビジョン、興味、関心。

黙っていたら分からない。短い言葉でも人を感激させ、感動させることができる。まさに「言葉は力なり」。言葉がなければ、何も伝わらない。

「失敗」と書いて「せいちょう」と読む。

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム