西暦1800年代の偉人

【小林弥太郎】の名言集|名言まとめドットコム

雷の ごろつく中を 行々し

屁くらべが また始まるぞ 冬籠り

夕月や流れ残りのきりぎりす

あこが餅 あこが餅とて 並べけり

亡き母や海見る度に見る度に

桜さく 大日本ぞ 日本ぞ

おのれ、人には常の産となすべきことも知らず、人の情にて永らふるは、物言はぬ畜類に恥づかしき境界なりけり

世が直る なほるとどでかい 蛍かな

寝にくくても生まれ在所の草の花

心からしなの(信濃)の雪に降られけり

まとめ

今回は「小林弥太郎」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「小林弥太郎」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム