西暦1900年代の偉人

【ライナー マリア リルケ】の名言集|名言まとめドットコム

それはみんな女たちのようでしかも 小さい 白い一点にすぎなかった

誰かを愛すること、これは私たちに課せられた最も困難な試練です。すべての努力はそのためにある。

あなたは春分の純粋な夜のよう昼と昼とを二分して立っている

およそ芸術家であることは、計算したり数えたりしないということです。

ああ 私の心の荒野に屋根もく「永遠」が泊っている

結局夏は来るのです。だが夏は永遠が何の憂いもなく、静かに広々と眼前に横たわっているかのように待つ辛抱強い者にのみ来るのです。

自分を取りもどすものよ 中心 最も強力なものよ

もろもろの事物のうえに張られた成長する輪の中で、私は自分の生を生きている。おそらく私は最後の輪を完成させることは出来まい。だが、私はそれを試みたいと思っている。

立っているものよ 飲物が渇きのなかを落ちてゆくよう重力が彼のなかを逆さまに落ちてゆく

あなたの心の中の未解決のものすべてに対して、忍耐強くなってください。たとえば錠のおりた部屋のように、あるいは外国語で書かれた書物のように、問いそのものを愛するように努めるのです。

まとめ

今回は「ライナー マリア リルケ」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ライナー マリア リルケ」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム