西暦1900年代の偉人

【ライナー マリア リルケ】の名言集|名言まとめドットコム

幼年時代を持つということは、一つの生を生きる前に、無数生を生きるということである。

男に心から愛された経験をもつ女は一生孤独に苦しむことはない

人生をしいて理解しようと欲してはならない。人生はそのままひとつの祭日である。ただ楽しくその日その日を生きることにしよう。無心に道を歩く子どもが、吹く風ごと春の花びらを肩にいっぱいに浴びているように。

お前は私を孤独にする私が手放すことができるのはお前だけ

批評的な言葉で近づくと、芸術的作品の本質にふれることはできません。あらゆる芸術的作品は、とかく理解しづらいもので、言葉で語りやすいものでもありません。とくに芸術的作品はもっとも口で表現しがたいものなのです。

神は水だ あなたはただ浄らかな皿のかたちをつくて 両手をさしだしておいでなさい

いまどこか世界の中を歩いている。理由もなく世界の中を歩いている者は、私に向って歩いているのだ。

億にものぼる星々が、夜にはあなたの頭上高く駆け巡り、輝いている。でもあなたの中には、これらの星々がすべて死に絶えてもなお在り続ける何かが宿っている。

ひとりの人間が別の人を愛するということ。それはおそらく、すべての課題の中でも、もっとも難しいものだろう。

石の天使よ あなたが何を私たちの存在について知っていよう?

文学とジャーナリズムとの親近関係は、見かけだけのものである。前者は芸術であり、永遠をめざすものであるが、後者は時代の動きの中にある営業である。

「旅」にはたった一つしかない。自分自身の中へ行くこと。

私は父です しかし息子はより以上のものです父がなり得たもののすべてであり父がなり得なかったもも 子のなかで大きくなるのです

若くして詩なんか書いたって始まらぬ。本当は待つべきものなのだ。一生涯かかって、しかも出来たら年老いるまでの長い一生をかけて、意味と蜜を集めるべきものなのだ。

私はほんとうにあなたと会ったことがないのだろうか?私の心は あなたによって重い

必要なのは、孤独、大きな内的な孤独というものだけなのです。

美しい結合をもう一度さし示しさしだし そして引きちぎるものを

どの一片(ひとひら)の落葉も、舞い落ちながら宇宙の最大の法則の一つを満たす。

この世のことはどんなに些細なことでも予断を許さない。人生のどんな小さなことも、予想できない多くの部分から組み合わされている。

あなたが見るもの、体験するもの、愛するもの、失うものを、最初の人間になったつもりで言い表すようにしてごらんなさい。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム