西暦1900年代の偉人

【アルベルト シュバイツァー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Wikipedia

今回は有名な「アルベルト シュバイツァー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アルベルト シュバイツァー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アルベルト シュバイツァーとは

アルベルト・シュヴァイツァー(Albert Schweitzer、1875年1月14日 - 1965年9月4日)は、アルザス人の医師、神学者、哲学者、オルガニスト、音楽学者、博学者。通称に「密林の聖者」がある。

名のAlbertは、フランス語では「アルベール」となる。姓のSchweitzerは、「シュヴァイツェル」「シュバイツァー」とも表記される。

ジャン=ポール・サルトルは伯父シャルル(1844年 - 1935年)の孫で、いとこアン・マリ-の息子である。甥に国際通貨基金専務理事を務めたピエール=ポール・シュバイツァー、その子がルノーの前代表取締役のルイ・シュヴァイツァーである。また、弟パウル・シュヴァイツァーは指揮者シャルル・ミュンシュの姉エマと結婚した。

参考:Wikipedia

アルベルト シュバイツァーの名言集

認められるまでは、嘲笑される。これは真理の常である。

人生の艱難辛苦から逃れる道は二つある。音楽と猫だ

私たちはこの世に存在している不幸の重荷を、みんなで一緒に担わなければならない

あなたがたの運命がどうなるかわからないが、ひとつだけわかっていることがある。あなたがたの中で幸せになれるのは、どうしたら人類に奉仕できるかを模索し、ついにそれを発見した人々だけである。

聖人になるために、天使になる必要はない。

未来を見る目を失い、現実に先んずる術を忘れた人間の行き着く先は、自然の破壊だ。

世界中どこであろうと、振り返ればあなたを必要とする人がいる。

人道主義とは、目的のために決してひとりの人間をも犠牲にしないことにある。

自分が何か大切なことを成し遂げたいと考えているなら、他人が障害を取り除いてくれることを期待してはいけない。

人間は自分に起こった問題を環境のせいにする癖を止めねばならぬ。そして自分の意志(信念と道徳に基づく自分自身の取るべき道)を訓練することを再び学ぶべきだ。

この世に美しいものなどもはやない、などと言ってはいけない。木の形や葉のざわめきにも、あなたをワクワクさせるものが必ずあるものだ。

時々、私たち自身の光が消えた時、他の人の火花によって、元気になることがあります。私たちは自分の心に火を灯してくれた人々に深く感謝したいものです。

人生において多くの美しいものを手に入れた者は、その代わりにやはり多くのものを提供しなければならない。

変わることのない優しさは、多くを成し遂げる。太陽が氷を溶かすように、親切な行いが誤解や不信や敵意を蒸発させる。

少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。そして少年の頃の理想主義は、何ものにも換えることが出来ない人間の財産である。

逆境が人を育てるのではない。逆境でも順境でも、その環境の下でどう考えたか、どう行動したかが人生を決める

人類皆兄弟

人間とは、愚か者のように振る舞う、賢い生き物である

人のために生きる時、人生はより困難になる。しかし、より豊かで幸せにもなれる。

まず考え、それから行動せよ

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム