西暦1600年代の偉人

【ジョン・ミルトン】の名言集|名言まとめドットコム

一敗地に塗(まみ)れたからといって、それがどうだというのだ?すべたが失われたわけではない。

成上がりの情念は理性より主権を奪い、それまで自由なる人々を奴隷にす。

理性こそ霊魂の本質なのだ。

名声とは何?民衆の、純なることまれなる称賛なり。されど民衆とは乱れし畜群、卑俗をたたえる雑群にほかならずや。

嫉妬は、傷つけられた恋人の地獄である。

無料の昼飯はない。

目覚めよ、立ち上がれ、しからずんば永遠(とわ)に堕ちよ。

希望限りなければ野心を起こさず。

思想の卑しき植物のごとく、食と性のほか弁えず、なんら高きを悟らず。

優秀な人々の意見というのは、作られている最中の知識なのだ。

まとめ

今回は「ジョン・ミルトン」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ジョン・ミルトン」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1600年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム