西暦2000年代の偉人

【尾崎将司】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:PR TIMES

今回は有名な「尾崎将司」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「尾崎将司」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

尾崎将司とは

尾崎 将司(おざき まさし、1947年1月24日 - )は、日本のプロゴルファー、元プロ野球選手。本名およびプロ野球時代の登録名は尾崎 正司(読みは同じ)。徳島県海部郡宍喰町(現・海陽町)出身。

ジャンボ尾崎の別名でも知られ、公式ゴルフランキングでも“Masashi Jumbo Ozaki”と表記された。通称「ジャンボ」。世界ランキングの自己最高位は1997年ブリヂストンオープン優勝後の5位である。日本ゴルフツアー通算94勝、賞金王12回、メジャー大会20勝(日本プロ6勝、日本マッチプレー1勝、フィランソロフィー1勝、日本オープン5勝、日本シリーズ7勝)は歴代最多記録。通算優勝回数113回は世界プロツアー最多記録であり、2010年に世界ゴルフ殿堂入りした。2013年に日本男子レギュラーツアー史上初のエージシュートを、年齢より4打低いスコアで成立させた。

参考:Wikipedia

尾崎将司の名言集

上手いゴルファーより強いゴルファーになれ

クラブ、ボールっていうのは魂を入れなきゃいけないからね。魂を入れるということは一つの祈りだから。祈りっていうのは一番大事な所だね

体がまずなければ、高度なスキル(技術)も獲得することもできない。技術的に未熟なやつがいくら精神的に強くても、トーナメントに勝つことなどできはしない。まずゴルフをやる土台の『体』がなければ大成はできないんだよ

自分の場合は最後の最後まで生き残り大作戦を考えているわけよ

成長が止まったら、その時は技術に関する本も書く

武士の試合は「死に合う」って言って試合って言うんだよな。

自分はダラける人間ってわかっているから一生懸命やるんですよ

イーグルはよ、ドライバー、セカンド、パットと3つそろわないと出ないんだ

人に負けるっていう時点で自分のゴルフは前に進めない

彼(池永正明)に会って初めてライバル心に火が付いた。この年になっても、彼の存在がいつも頭にある

ゴルフに焦っている汗と、夢に向かって進んでいく汗とは違うからな

常に一つの円として人生を考えるわけだな

ゴルフで、「これだ!」は絶対ないんだよ。せいぜいあっても、「これぐらいだろう」ぐらいでね

クラブ、ボールっていうのは魂を入れなきゃいけないからね。

スーパースターは“下積み”があってはなれないね

いいスコア出せばお客は来てくれるよ

ゴルフも剣も「構えあって構えなし」

レギュラーツアーで戦えなくなったら終わり。

世界に伍するには、いかにドローボールをコントロールできるかだ

俺はエージシュートを目的にしていない。あくまでも優勝だ

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム