西暦1900年代の偉人

【ジョン・ウィンストン・オノ・レノン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:BBC NEWS

今回は有名な「ジョン・ウィンストン・オノ・レノン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジョン・ウィンストン・オノ・レノン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジョン・ウィンストン・オノ・レノンとは

ジョン・ウィンストン・オノ・レノン( John Winston Ono Lennon、1940年10月9日 - 1980年12月8日)は、イギリス出身のシンガーソングライター、ギタリスト、キーボディスト、平和運動家。

ビートルズを立ち上げたリーダーであるほか、ポール・マッカートニーと「レノン=マッカートニー」としてソングライティング・チームを組み、多くの楽曲を作曲した。1970年のビートルズ解散後はアメリカをおもな活動拠点とし、ソロとして、また妻で芸術家のオノ・ヨーコとともに平和運動家としても活動した。1975年から約5年間音楽活動を休止したあと1980年に活動を再開するも、同年12月8日22時50分(米国東部時間)にニューヨークの自宅アパート「ダコタ・ハウス」前においてファンを名乗る男に撃たれ、30分後に死亡が宣告された。

『ギネス・ワールド・レコーズ』では、もっとも成功したソングライティングチームの一人として、「チャート1位の曲が米国で盟友のポール・マッカートニーが32曲、レノンが26曲 (共作は23曲)、英国チャートでレノンが29曲、マッカートニーが28曲 (共作が25曲)」と紹介されている。

参考:Wikipedia

ジョン・ウィンストン・オノ・レノンの名言集

人の言うことなんて気にしちゃだめだよ。「こうすれば、ああ言われるだろう・・・」こんなくだらない感情のせいで、どれだけの人がやりたいこともできずに死んでいくのだろう。

僕らの人生は、僕らのアートなのさ。

そう、僕らはみんな輝き続ける。月のように、星のように、そして太陽のように。

幸せになることに躊躇してはいけない。

僕らは、自分のすばらしさと不完全さのなかで、何よりも自分自身を愛することから学ばなければいけない。

愛こそすべて。

ビートルズのメッセージがあるとすれば泳ぎ方を学べということ。それだけ!そうして泳げるようになったら、泳ぎなさい。

僕の言うことなんて、半分は意味もない。ただ君に聴いて欲しくて話しているんだ。

忙しくいろいろと計画しているとき何かが起きる。それが人生なんだよ。

「どんな人だって成功できる」自分にそう何度も言い聞かせ続けていれば、絶対に成功できるのです。

みんな平和について語るけど、誰もそれを平和的な方法でやってないんだ。

僕やアーティスト、詩人の役割は、私たちが感じることを試して表現することです。どう感じろと人々に教えることではありません。説教者でもリーダーとしてでもなく、私たちのすべてを反映しています。

思い違いしないでくれ。ぼくたちは自分の未来を築いてるんだから、必要なものは自分で用意しなくっちゃ。

ひとりで見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる。

バカヤローはだいたい素晴らしい女性に支えられている。

心を開いて「Yes」って言ってごらん。すべてを肯定してみると答えがみつかるもんだよ。

誰でも非凡な才能を持っているし、すべての人が美しいんだ。自分がいったい何者なのか、誰かに指摘してもらう必要のある人間なんて一人もいない。あなたは、そのままであなたなのだ。

僕らが言っているのは、平和にチャンスを与えようということだけなんだ!

好きに生きたらいいんだよ。だって、君の人生なんだから。

心に思い描かなければ、何も得られない

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム