西暦1800年代の偉人

【ウォルト ホイットマン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:アメリカの詩人、ウォルト・ホイットマンの伝記

今回は有名な「ウォルト ホイットマン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ウォルト ホイットマン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ウォルト ホイットマンとは

ウォルター・ホイットマン(Waleter Whitman,1819年5月31日 - 1892年3月26日)は、アメリカ合衆国の詩人、随筆家、ジャーナリスト、ヒューマニスト。超越主義から写実主義への過渡期を代表する人物の一人で、作品には両方の様相が取り込まれている。アメリカ文学において最も影響力の大きい作家の一人でもあり、しばしば「自由詩の父」と呼ばれる。

ニューヨーク州ロングアイランドに生まれ、ジャーナリスト、教師、公務員として働き、南北戦争に志願看護師として従事する傍ら、詩を出版する。活動初期には、禁酒運動小説Franklin Evans(1842年)も発表している。初め1855年に自費出版されたホイットマンの代表作『草の葉』は、アメリカの叙事詩を市井の人々に届けようという試みであった。ホイットマンは1892年の死まで、この作品の拡充、改訂を重ねた。それぞれの版には、時代の風潮や作者の思想の変化が反映されている。初版の巻頭詩「ぼく自身の歌」が最も広く知られている。
晩年、卒中に倒れた後は、ニュージャージー州カムデンに移り、72歳で没す。その葬儀は盛大なものであった。

参考:Wikipedia

ウォルト ホイットマンの名言集

おお、強敵を相手に苦闘し、不屈の敵に立ち向かい、何びとの助力も借りずにその敵と四つに組んで、おのれの性根を試してみたい。

好きな人たちと一緒に生きる。私はそれだけで十分だ。

一般に、特権を備えた特別な地位を獲得するために大衆から抜きん出ようとする野心が存在する。しかし人生の真の巨匠は、大衆の単なる一部であることに偉大さと成功を見る。共通の地盤ほどよき効用のあるものはない。

種蒔く人が種を蒔き、農夫が収穫しているのを見ると、類似のことを考える。「生」は耕作であり、「死」はその帰結としての収穫である。

まず自分自身のあいだから、その最良の見本を提供することが必要である。そして一人でも二人でもそういう見本を提供することによって、集団全体が千年も輝くものとなるのだ。

何でも好きなことをしたらいい。ただし、それはこの世界に喜びを生むものにしなさい。

魂を満足させるものは何であれ、真理である。

毎日出かけていく子供がいた、最初に目にしたもの、驚き、哀れみ、愛、あるいは恐れと共に受け入れたものそのものに、彼はなった。それはその日一日、あるいはその日のある時間、あるいは何年も、あるいは年の経めぐるずっと長い間、彼自身の一部になった。

演奏を聴いて思い出したと感じている音楽はすべて、あなたの内側から呼び覚まされているのだ。

平等とは、自分と同様に他の人々にも同じチャンスと権利を与えることだ。

私は除外例を作らない赤人種でも、白人種でも、黄人種でも、すべて神らしいのだ。

仮面は、生まれてから絶え間なく自分自身を隠すもので、顔を隠し、姿を隠すもので、毎時、絶えず変化、変形し、ねむっているときでさえ襲いかかってくる。

あなたは何から何まで与えてくれるが、わたしたちはよく知っている。あなたなしではすべてのものが、どんなものでも、きょうここにあるどんなものでも危うくなり、何ごとであれ、どんな日であれ、危うくなる。

君が教訓を学んだ相手は君を賞賛し、新設をほどこし、味方になってくれた人々だけだったのか?君を排斥し、論争した人々からも大切な教訓を学ばなかったのか。

何よりもまず偉大な「人物」を産み出すこと、あとのことはそれで確実。

もしも詩人が、すぐれた模範を世間に披露し、その一歩一歩が自己の証となるのでなければ、彼は無用の長物だ。

自らが偉大な人を育てる。そして、偉大な人を育てられる人を育てていく・・・すべては、そこから始まる。

(死の前の週には、ナイフもフォークも持ち上げられないほど衰弱し)四六時中苦しい。安らぎもなく、逃げ場もない。痛みの単調、単調、単調

改革が必要であればあるだけ、それを成就するための「人格」が必要になる。今日すぐに始めたまえ、勇気、実在、自尊、明確、高貴を目ざして君自身を鍛えることを、君自身の「人格」を固め広めるまでは休んではならぬ。

あなた神聖な女よ、生命と愛との、そして生命と愛から生まれるすべてのものの主人であり源泉であるあなたよ

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム