西暦1900年代の偉人

【クロード モネ】の名言集|名言まとめドットコム

(オランダの画家ヨハン・ヨンキントについて)そのときから彼は私の真の師となった。私の眼の教育の仕上げをしてくれたのは彼なのだ

僕の精神はとてもいい状態で、仕事をする気力にあふれています。でも、あの致命的な落選によって、生活のあてがまったくありません

際限なく意見を戦わすこうした『雑談』ほど面白いものはなかった。そのおかげで、我々の感覚は磨かれ、何週間にもわたって熱中することができ、そうして意見をきちんとまとめることができた

(第4回印象派展への出展について)気は進まなかったが、裏切り者と思われたくなかったから

君はほかの誰よりも僕の悲しみを分かってくれるだろう。徹底的に打ちのめされ、再び生きる気力もなく、2人の子どもを連れてどのように暮らしていけばいいのか、皆目分からない

あなたがおっしゃるようにアメリカで成功したいとは思っています。でも、僕の絵は特にこの国〔フランス〕で有名になって、売れてほしいと思っています

積みわらのさまざまな光の連作に夢中なのですが、近頃は日が早く沈むので、追いつくことができません。しかし描き進めるに従って、私が求めているもの――「瞬間性」、とりわけ物を取り囲む大気と、至るところに輝く均一な光――を表現するためには、もっと努力しなければいけないことが分かるのです。

毎日、まだ見ることができなかった何かを発見し、付け加えている。実に苦労は多いが、進んでいる。

ある夜、悪夢にうなされた。大聖堂が僕の上に崩れ落ちてきたんだ。青やバラ色や黄色の石が降ってくるのが見えた。

この仕事に没頭しきっています。水面とそこに映る影に取り憑かれてしまいました。これは私のような老いぼれの能力を超えた仕事です。でも私は私が感じていることを表現したいのです。

人前に出せる作品があまりに少ない

ブーダンは画架を立て、制作にとりかかった。私は、それを見るともなく見ていたが、やがて注意を引きつけられた。そして突然、ヴェールが引き裂かれたのだ。私は理解した。絵画に、どれほどのことがなし得るかということを理解したのだ。確固たる独立心をもって自身の芸術に献身するこの画家の、制作風景をたった一度見ただけで、私は画家となるべく運命づけられたのである。

私は戸外制作を始め、没頭するようになった。当時、戸外制作を存分に試みた画家はまだ誰もいなかった。そのマネですら、試みてはいない。マネが戸外制作を行うようになったのは、後のことで、私のほうが先だった。

私はいつも理論は嫌悪してきた。

私がやったことといえば、直接自然を前にして、きわめて逃げ去りやすい効果に対する私の印象を正確に表現しようと努めながら描き続けたということだけだ

(一足先にパリに帰ったバジールに対して)ここは素晴らしいよ。毎日毎日、何かしら昨日よりもっと美しいものが見つかる

(カミーユとの仲を認めなかった父はカミーユに会おうとせず、金を出してもくれなかったことに対し、、バジールへ当てた手紙にこう書き記した)とてもいとおしく感じられる、大きくてかわいい男の子だ。でも、その母親が食べるものが何もないことを考えると、苦しくてたまらない

(展覧会を開くという構想を持つようになっていることに対してピサロにこう書き送った)みんな賛成してくれている。反対なのはマネだけだ

もし苦境を脱することができなければ、僕の絵具箱はずっと閉じられたままになるでしょう

(ポワシーの土地を毛嫌いしており)この土地は僕にはまったく合わない

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム