戦国武将

【加藤 清正】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:加藤清正が熊本城を築き迎えたナゾの死 秀吉子飼いの人気武将その生涯

今回は有名な「加藤 清正」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「加藤 清正」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

加藤 清正とは

加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。肥後熊本藩初代藩主。通称は虎之助(とらのすけ)。熊本などでは現代でも、清正公さん(せいしょうこうさん、せいしょこさん)と呼ばれて親しまれている(清正公信仰)。

豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人。秀吉に従って各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国の大名となる。秀吉没後は徳川家康に近づき、関ヶ原の戦いでは東軍に荷担して活躍し、肥後国一国と豊後国の一部を与えられて熊本藩主になった。明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。

参考:Wikipedia

加藤 清正の名言集

おまえは、自分の功を立て、かれは忠をつくした。

大坂を素通りするのは太閤の御恩を考えればもってのほかであり、参上しないのは人の道を外れている

自分は一生のあいだ、人物の判断に心を尽くし、人相まで勉強した。でも、結局はよくわからなかった。ただ言えるのは、誠実な人間に真の勇者が多いということだ。

わしだって軽くしたい。だが、わしがこうしていれば家臣も見習い、常に戦時の備えを怠らないであろう。

上の者も下の者も勤番や普請の際に、身体をよく動かして手足を汚すことをしかねる者があったとしたら、臆病者と認め、成敗も加えようぞ

上一人の気持ちは、下万人に通ずる。

よその若者を誉めることは、うちの若者をけなすことだ。

たとえ後で罪を得ても座視しているわけにはいかない。

乱舞は一切停止する。太刀や刀をとれば人を斬ろうという心が起こるのが、武士として当り前のことであるから、武芸のほかにやたらに刀を抜いて乱舞するような者に対しては、切腹を申しつける

お前たちは、どちらも大切な我が家臣。使うところはその器に従う。

奉公の道に油断してはならない。朝は辰刻(7時~9時)に起きて兵法を使い、飯を食い、弓を射、鉄砲を撃ち、馬に乗るがよい。武士の嗜みのよい者には、とくに昇進させるだろう。

もしも敵が強く、勇敢に攻めかからなければいけない場面であればお前に命じたであろう。お前の実力であれば敵を蹴散らすのも造作ないはず。ただ今回のように兵を引き上げさせるのであれば庄司が適任である

表と裏、両面のこころがけ、どれもおろそかにしてはならじ。

表の並木には桜を、裏の並木には栗を。

晴れると見れば、にわかに雲が出てきて、大雨になることもあります。測りがたきは人の心でございます。

俺は早く死にたい。

三成とは一生涯仲直りすることはないだろう

汝らは、等しく我股肱腹心なり 使うところはその器に従う。

どこに陣を取っても、清正に知らせずに、乱暴狼籍に身分の低い者をこき使う者があったならば、その主人の責任として成敗を加える。この旨、下々人足以下の者にまでよくいい聞かせよ。これからは、いかに勇敢に戦っても、掟に従わなかったら、何事も不用になる。

学問に精を入れよ。兵法の書物を読み、忠孝の心がけを持つことが肝要だ。詩や連歌や和歌などをみだりに作ったり読んだりしてはならない。心の中に華奢で風流な手弱いことばかりをかけていたならば、いかにも女のようになよなよしくなってしまうものだ。武士の家に生まれたからには、太刀や刀をとって死ぬことこそ本当の道である。

次のページへ >

スポンサーリンク

-戦国武将

© 2022 名言まとめドットコム