戦国武将

【織田信長】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

今回は有名な「織田信長」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「織田信長」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

織田信長とは

織田 信長(おだ のぶなが、天文3年5月12日〈1534年6月23日〉 - 天正10年6月2日〈1582年6月21日〉)は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。三英傑の一人。

織田信長は、織田弾正忠家の当主・織田信秀の子に生まれ、尾張(愛知県西部)の一地方領主としてその生涯を歩み始めた。永禄3年(1560年)、信長は桶狭間の戦いにおいて駿河の戦国大名・今川義元を撃破した。そして、三河の領主・徳川家康(松平元康)と同盟を結ぶ。永禄8年(1565年)、犬山城の織田信清を破ることで尾張の統一を達成した。

参考:Wikipedia

織田信長の名言集

やる気の出ない時に見る名言5選

臆病者にはすべての敵が大軍に見える

理想を持ち、信念に生きよ。

是非に及ばず

功名は武士の本意とはいっても、そのあり方によるものだ。

贈り物は内容も機械も、客にとって意外なものたらざるべからず。

人生に迷った時に見る名言9選

人間50年。下天の内を比ぶれば、夢幻の如くなり。一度生を得て、滅せぬもののあるべきか

生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。

しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する

理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。そのような者は廃人と同じだ。

いつの時代も変わり者が世の中を変える。

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。

絶対は絶対にない

国持ち大将は、目下の者から見切られたらおしまい。

たしなみの武辺は、生まれながらの武辺に勝る

人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。

自信がなくなった時に見る名言9選

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス

攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。

器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。

臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。

人城を頼らば城人を捨てん

恃(たの)むところにある者は、恃むもののために滅びる。

異端者を受け入れる器量が武将には必要である

一方の大将となろうとする者は、そのような功名を願ってはならぬ。

身の危ういのをかえりみないのは、それほど手柄と言うことはできない。

用を言いつけられなかったからといって、そのまま退出するようでは役に立たない。

その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。

仕事がうまくいかない時に見る名言5選

仕事は探してやるものだ自分が創り出すものだ。

与えられた仕事だけをやるのは雑兵だ。

愚かな間違いを犯したらたとえ生きて帰ってきてもワシの目の前に姿を見せるな。

組織に貢献してくれるのは優秀な者よりも能力は並の上だが、忠実な者の方だ

俺が見事な弓矢をとることができたのは、皆、平出政秀が諌死(かんし)したからだ

人間関係がうまくいかない時に見る名言4選

これ(木綿20枚)を売って彼に小屋を作ってやり、飢えないように食べ物を分け与えてくれれば自分はとても嬉しい

戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ。

およそ勝負は時の運によるもので、計画して勝てるものではない。

人を用ふるの者は、能否を択ぶべし、何ぞ新故を論ぜん。

まとめ

今回は「織田信長」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「織田信長」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。-

スポンサーリンク

-戦国武将

© 2021 名言まとめドットコム