西暦1800年代の偉人

【カール マルクス】の名言集|名言まとめドットコム

引用:カール・マルクスの名言格言43選

今回は有名な「カール マルクス」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「カール マルクス」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

カール マルクスとは

カール・マルクス(ドイツ語: Karl Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、プロイセン王国出身の哲学者、思想家、経済学者、革命家。社会主義および労働運動に強い影響を与えた。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。

フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により社会主義・共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。

参考:Wikipedia

カール マルクスの名言集

役に立つ物が増え過ぎると、役に立たない者が増え過ぎる

思想が現実に迫るのみでは十分ではない。現実が自ら思想に迫るのでなければならない

宗教は抑圧された生物の嘆息である

愛とは本来臆病なものであり、控えめなものです

弱い者はいつも奇跡を信じることで救いを見つけるものだ。

私は醜い男である。しかし、私は自分のために最も美しい女性を買うことができる。だから、私は醜くない。というのも、醜さの作用、人をしてぞっとさせるその力は貨幣によって無効にされているからだ

歴史は繰り返す、一度目は悲劇として、二度目は茶番劇として。

これまでの全ての社会の歴史は、階級闘争の歴史である

豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない

人間を人間として、また世界に対する人間の関係として前提してみたまえ。そうすると、君は愛をただ愛とだけ、信頼をただ信頼とだけ、交換できるのだ

人間が宗教をつくるのであって、宗教が人間をつくるのではない

共産主義は完成した自然主義として人間主義であり、完成した人間主義として自然主義である

自らの道を歩め。他人には好きに語らせよ

人間の意識がその存在を規定するのではなくて、逆に、人間の社会的存在がその意識を規定するのである

悪い面こそ歴史をつくる運動を生みだすのである

出てけ、失せろ。最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ

教育もまた、教育を必要としないだろうか?

何をするにも最初が肝心、という格言はどんな学問にもあてはまる

社会から切り離された“自我”など有り得ないし、社会と無関係に生きることなど何人たりとも出来ない

哲学者たちは世界をさまざまに解釈してきただけだ。世界を変えることが大切なのに

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム