西暦2000年代の偉人

【西村博之】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:ビジネス+IT

今回は有名な「西村博之」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「西村博之」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

西村博之とは

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日 – )は、日本の実業家、著作家、慈善家、プログラマー、YouTuber、匿名掲示板管理人。日本最大級の匿名掲示板「2ちゃんねる」開設者、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」管理人。ドワンゴが提供している日本最大級の動画配信サービス「ニコニコ動画」元取締役管理人。東京プラス株式会社代表取締役、有限会社未来検索ブラジル取締役。愛称・通称は「ひろゆき」。

東京都北区赤羽北出身。大学在学中の1999年に「2ちゃんねる」(現・5ちゃんねる)を開設し、管理人となる。2005年、ニワンゴ(現・ドワンゴ)取締役管理人に就任し、翌年に「ニコニコ動画」を開始。並行して企画立案、サービス運営、プログラマーとして複数の企業運営に携わる。2015年にフランス・パリへ移住。同年、英語圏最大の匿名画像掲示板「4chan」を買収し管理人に就任する。

参考:Wikipedia

西村博之の名言集

夫婦喧嘩で相手を論破しても、いいことなんて全くないでしょう。人生うまくいくことが目的であって、論破力はあくまでもその手段なのですよ。

がんばればどうにかなると考えている人は甘い。努力でなんとかしようとする人は「やり方」を変えない。

家計簿をつける事に意味はない。お金を貯めたければお金を使わなければいい。 お金持ちはお金を使うのが嫌いであり、且つ、お金を貯めるのが目的だから結果的に お金持ちになる。

嘘を嘘と見抜けない人は、ネット掲示板を使うのは難しいでしょう。

悪い環境には人を育てる側面があり、時代が悪いことがチャンスにもなる。

社会は良くなってる派の人は、「自分の周りが良くなってる」と「社会全体が良くなってる」をごっちゃにしてる気がします

論理的に考えることというのは、やろうと思えばだれでもできること。要は、そのベースとなる情報をどう手に入れるかが重要になるのです。

人生は有限だ。多くの時間を好きな事に割いたほうがいい。

「偉い人は人格的にも優れている」と世の中の多くの人が誤解している。 人格と社会の評価はリンクしない。

たいていのことは検索すれば答えが出てくるわけで、個人の知識として蓄える必要があるモノってなかなか無いんですよね

「それがないと自分が困る」物事は大きくなりすぎるとやがて「共存」する。

「学校でしか学べない価値ってなんだろう」と思ってみると、 「役に立たない事に異議を唱えずにやり抜くこと」 なんじゃないかと思ったわけです。

みんなが知らない自分だけが知っている知識があるときこそ、自分の価値が上がるわけです

世の中は本当にみんな同じことしか言わない。そんな中でちょっと違う視点からモノが言えれば一気に抜きんでることができる。

映画でも、アニメでも、面白い作品の要素として、 見てる人の予想を裏切るってのは 大事なんじゃないかと個人的には思ってたりします

勉強という言い方をするとハードルが上がるんですが、要は、他の人が必要としている知識で自分が興味があるものをいかに伸ばすか、ということに尽きると思います

社会で「天才」と呼ばれるか「変人」と呼ばれるかを分けるものは出された成果物を社会がどれだけ受け入れるかによる。

子供のうちは、いいとおもうんだけど、自分の好きなものを嫌いだから、 その相手まで嫌いになる人って、世界が狭くなると思うのですね。

子どものことを考えるのであれば、努力をすれば報われると教えてあげること

質で勝てないなら量を徹底的に増やすしかない。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム