西暦1900年代の偉人

【吉田茂】戦後日本政治の方向を定めた男の名言集|名言まとめドットコム

これからもちょいちょい失言するかもしれないので、よろしく。

俺の人気もまんざらでないな

それはあるよ。だいたい君たちとは食べ物が違う。それは君、人を食っているのさ。

戦前にわが国の統計が完備していたならば、あんな無謀な戦争はやらなかったろうし、もし完備していたら、勝っていたかもしれない。

閣下、私は総理大臣なら務まるかもしれませんが、秘書官など、とても務まりません。

戦争に負けて、外交に勝った歴史はある。

いつまでも外国によってその安全を守ることは国民のプライドが許さない。

僕もこれで天国へ行けるだろうね。しかし仏教のためにも多少努力したから、阿弥陀様が極楽へ来いと言われるかもしれない。

皇学館大学にも関係しているので、やおよろずの神々が高天原へご招待下さるかもしれない。

だが、天国や極楽や高天原は案外つまらんかもしれないね。長年付き合った友人はみな悪人どもだから彼らは地獄におるはずなんで、

私一人天国では退屈するに違いない。どうも地獄の方が面白そうじゃないか。

権力に左右されるような政治家は、また別の権力が現れた場合には、意気地なくこれになびくものだ。

黙って聞け、「外套」を着てやるから「街頭」演説なんだ。

戦争は、勝ちっぷりもよくなくてはいけないが、負けっぷりもよくないといけない。

言うべきことは言うが、あとは潔く従う。

まとめ

今回は「吉田茂」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「吉田茂」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム