西暦1600年代の偉人

【ジョン・ロック】の名言集|名言まとめドットコム

観察とは、考えるためのあらゆる要素を知性に提供することである。

この世界から身を守る柵は、この世界についての完全な知識だけだ。

自分を愛するように隣人を愛することは、人間社会を構成するための真理だ。

それによって、一人の人間が、すべての決定を社会的道徳に基づいて下すことができる。

人々の明確で自発的な承諾で設立された立法府だけが、法を制定する権利を受けることができる。

また、立法府もその構成員も、その法を制定する権利を他の誰かに譲渡することはできない。

政府の統治下において自由を持つことは、社会の構成員全員に対して、法で定められた明確な規則が存在することだ。

その規則は不安定であったり、不明確であったり、独断的に解釈されたりしてはいけない。

この世で最も価値のあるものとは、権力である。

知性がものごとを考えるための要素はすべて、まず感覚のなかにある。

論理とは思考を解剖したものだ。

教育は紳士たることの始まりである。しかし、読書、良い仲間、内省なくしては完成しない。

金の出し入れを几帳面に見張る習慣は、不相応の生活を送るために大いに役立つ。

まとめ

今回は「ジョン・ロック」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ジョン・ロック」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1600年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム