アンドリュー・カーネギー 偉人

【アンドリュー・カーネギー】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「アンドリュー・カーネギー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アンドリュー・カーネギー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アンドリュー・カーネギーとは

アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie, 1835年11月25日 - 1919年8月11日)は、スコットランド生まれのアメリカの実業家。崩れ行く橋を見て着想を得てカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めて「鋼鉄王」と称された。立志伝中の人物であり、ジョン・ロックフェラーに次ぐ史上2番目の富豪とされることが多い。事業で成功を収めた後、教育や文化の分野へ多くの寄付を行ったことから、慈善活動家(フィランソロピー)としてよく知られている。

スコットランドのダンファームリンで生まれ、1848年には両親と共にアメリカに移住した。アメリカではまず織物工場で作業員として働き、後に同社オーナー専属の計算書記となった。間もなく電信配達夫となり、電信会社で昇進。1860年代には鉄道、寝台車、鉄橋、油井やぐらなどの事業を行った。最初の資産は、当時花形事業だった鉄道への投資で築いた。

参考:Wikipedia

アンドリュー・カーネギーの名言集

自らを助けないものを救おうとしても無駄だ。ハシゴを自分で登る意思のないものを、他人が押し上げることなどできない。

清貧の家に育った子供は、裕福な家庭の子たちとくらべて、なにものにもかえることのできない、尊い宝を与えられている。

誰でもチャンスに恵まれない者はいない。ただそれを捕らえられなかっただけなのだ。

世界中の秀才を集めてきても、働くことなしに並はずれた成功を、実現させることは出来ない。

よりよい成果が得られるのは、自分が一番好きな仕事をしているときだろうね。だから、人生の目標は、自分が好きなことを選ぶべきなんだ。

一番確実な方法は、エネルギーのすべてを、特定の分野に注ぎこむやり方だ。

先延ばしにする癖のある人は、人生を漫然と過ごして失敗する。

生計を立てるのに、収入が必要だからというだけの理由で、好きでもない仕事をしながら、人生を漫然と過ごすなんて悲劇だね。

成功するには、成功するまで決して諦めないことだ。

最も高い目標を達成するには、一歩一歩進むしかないという事実を、頭に入れておかなければならない。

失敗にしても、成功にしても、人間が何かを実現できるかどうかは、当人の習慣によって決まるんだよ。

思考をコントロールできなければ、行いをコントロールすることは出来ない。

大事業というものは厳しい誠実さの上にだけ築き上げられるもので、それ以外の何も要求しないのである。

お金をただ与えるだけでは人を堕落させる。努力している人に援助することが本当の慈善である。

富は得ることのみに価値はない。有意義に散する時に価値あり。

金が貴いのは、それを正しく得ることが難しいからである。さらに正しく得たものを正しく使うことが難しいからである。

強烈な願望を抱いた心は、心の中から恐れや疑いや、自分で課した限界を取り除く。

金持ちのままで死ぬのは不名誉な死である。

他人の利益を図らずして自ら栄えることができない。人は受けるより与えることの方がもっと幸せなのである。

ごく些細なことに、人間の運命をきめる最も重要なことが、かかっているかもしれないのである。

次のページへ >

-アンドリュー・カーネギー, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5