ガリレオ・ガリレイ 偉人

【ガリレオ・ガリレイ】の名言集|名言まとめドットコム

私はあまりに深く星を愛しているがゆえに、夜を恐れたことはない。

結果には、かならず原因があります。

科学においては、幾千もの意見による権威も、一個人の小さな理性のひらめきとしての意見ほどの価値はないものだ。

見えないと始まらない。見ようとしないと始まらない。

どんな真実も、発見してしまえば誰でも簡単に理解できる。大切なのは、発見することなのだ。

あなたは伝えられていることを信じるだけで、自分では確かめないのかい?

実際に見ないと、わからない。見ようとしなければ、始まらない。

この宇宙のすべては、ある言語で書かれています。その言語とは、数学なのです。

疑うことは発明の父である。

計測可能なものは計測し、そうでないものを計測可能にしよう。

科学的原理を否定することにより、パラドックスを維持することができる。

証明されたものを信じることを異端視することは実に有害である。

人間の心に限界を設けてしまうのは誰か。我々がすべてのことを知りつくしていると断言してしまうのは誰か。

太陽の周りを回るすべての惑星は太陽に依存する。そしてまた、この大宇宙で他に何もすることがないかのように、ひと房のブドウを熟させる。

天の川は、数え切れないほどの数の星の集まりであり、他には何もない。

もし私がまた学問を始めるとしたら、プラトンのアドバイスに従い数学から始めるでしょう。

あらゆる真実は一度発見されれば理解するのは簡単だ。重要なのは真実を発見することだ。

夜空の星々を好き過ぎて、私は夜を恐れたことはない。

人にものを教えることはできない。 彼がみずから気づくよう手助けができるだけだ。

宇宙は数学的言語で書かれており、その言語は三角、円、他の幾何学的図形であり、そのルールなしではその言葉を理解することは不可能である。 数学なしでは暗い迷路を無駄にさまようだけである。

次のページへ >

-ガリレオ・ガリレイ, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5