オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド 偉人

【オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルドとは

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 - 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。ヴィクトリア朝時代のアイルランドのダブリンで生まれる。
1900年初夏までさすらってパリ6区のホテル『L'Hôtel』に泊り、梅毒による脳髄膜炎で亡くなった。46歳没。ワイルドの葬儀は、ロスやダグラスのほか数人だけの淋しい葬儀であった。
幼少期は女子を欲していた母によって女子の格好をさせられていた。

耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末文学の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。

参考:Wikipedia

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルドの名言集

老人はあらゆる事を信じる。中年はあらゆる事を疑う。青年はあらゆる事を知っている。

人生は複雑じゃない。私たちの方が複雑だ。人生はシンプルで、シンプルなことが正しいことなんだ。

楽観主義者はドーナツを見、悲観主義者はドーナツの穴を見る

女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。男に欠点が多ければ多いほど、女は何もかも許してくれる。我々の知性さえもだ

生きるとは、この世でいちばん稀なことだ。たいていの人は、ただ存在しているだけである。

定義するということは限定することだ。

人生には選ばなければならない瞬間がある。自分自身の人生を充分に、完全に、徹底的に生きるか、社会が偽善から要求する偽の、浅薄な、堕落した人生をだらだらと続けるかの、どちらかを。

大衆とはすばらしく寛容だ。天才以外のすべてを許す。

一貫性というのは、想像力を欠いた人間の最後のよりどころである。

善人はこの世で多くの害をなす。彼らがなす最大の害は、人びとを善人と悪人に分けてしまうことだ。

私たちは、不必要なものだけが必需品である時代に生きている。

皮肉屋とは、あらゆるものの値段を知っているが、何ものの値打ちも知らない人間のことである。

ほとんどの人々は他の人々である。彼らの思考は誰かの意見、彼らの人生は模倣、そして彼らの情熱は引用である

教育は結構なものである。しかしいつも忘れてはならない。知る価値のあるものは、すべて教えられないものだということを。

彼女は、弱さという何ともいえない魅力を欠いている。

社会は個人に対して極刑を加える権利を持つかのように揮うが、社会は浅薄きわまりない悪徳をもっていて、己の行う事を自覚する力がない。

本当に魅力的な人間には、2種類しかない。何もかも知り尽くしている人間か、まったく何も知らぬ人間かのどちらかである

男は女の最初の恋人になりたがるが、女は男の最後の恋人になりたがる。

他人の悲劇は、常にうんざりするほど月並みである。

男の人って、一度女を愛したとなると、その女のためなら何だってしてくださるでしょ。たった一つ、してくださらないもの、それはいつまでも愛し続けるってことよ。

次のページへ >

-オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5