西暦1800年代の偉人

【チャールズ ディケンズ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:CINEMATODAY

今回は有名な「チャールズ ディケンズ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「チャールズ ディケンズ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

チャールズ ディケンズとは

チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens、 1812年2月7日 - 1870年6月9日)は、ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家である。主に下層階級を主人公とし弱者の視点で社会を諷刺した作品を発表した。

新聞記者を務めるかたわらに発表した作品集『ボズのスケッチ集(英語版)』から世にでる。英国の国民作家とも評されていて、1992年から2003年まで用いられた10UKポンド紙幣に肖像画が描かれている。英語圏では、彼の本、そして彼によって創造された登場人物が、根強い人気を持って親しまれている。『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』などは、忘れ去られることなく現在でも度々映画化されており、英語圏外でもその作品が支持され続けていることを反映している。

参考:Wikipedia

チャールズ ディケンズの名言集

人生において我々が囚われている鎖は、我々が生み出したものに他ならない。

私は、人類のために、社会の幸福のために、働くべきだったんだ

この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ。

病気や悲しみも人にうつるが、笑いと上機嫌ほどうつりやすいものもこの世にないのだから、物事は美しく正しくりっぱに調整されているものである

わたしは心の中でクリスマスをたたえ、一年中その気持ちを失わないようにする。

自分がしてほしいと思うことを人に施す努力をせよ。もし相手がそうしてくれなくても、がっかりする必要はない。あなたが相手をがっかりさせるよりはずっといい。

涙は肺を開き、顔を洗い、目を潤し、気分を和らげる。さあ、泣こう。

あなたを見ていると幸せだ。あなたのことを考えていると一日中幸せだ。

慈善を始めるのは家庭内から。そして正義は隣人から。

人生でもっとも大事なことは、「私はしたいと思う」と言うのをやめ、「私はする」と言い始めることだ。不可能なことはないと考え、可能性を確率として扱いいなさい。

涙を流すことを恥と思う必要はまったくない。

今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の泥棒だからだ。

悪い人々がいなければ、よい弁護士もいないだろう。

世界は、自信と上機嫌で武装し、世界征服を始める人々のものだ。

このような朝には溺死も幸福で平和だ、とふとあなたは考えたことはなかったか。

別れの痛みは、再会の喜びに比べれば何でもない。

あらゆる聞き手の中で最悪なのは、聞く以外のことをしない者だ。

太陽は昇ったばかりのときは弱々しいが、時間がたつにつれて力と勇気を増していく。

道徳的になろう。存在についてじっくり考えよう。

わたしは自由だけを求める。その蝶たちは自由である。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム