西暦1900年代の偉人

【田中角栄】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「田中角栄」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「田中角栄」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

田中角栄とは

田中 角栄(田中 角榮〈たなか かくえい〉、1918年〈大正7年〉5月4日 - 1993年〈平成5年〉12月16日)は、日本の実業家、政治家、建築士。衆議院議員(16期)、郵政大臣(第12代)、大蔵大臣(第67・68・69代)、通商産業大臣(第33代)、内閣総理大臣(第64・65代)等を歴任した。

大正生まれとして初の内閣総理大臣となり、在任中には日中国交正常化や日中記者交換協定、金大中事件、第一次オイルショックなどの政治課題に対応した。政権争奪時に掲げた日本列島改造論による日本列島改造ブームは一世を風靡したが、その政策はインフレーションを招いてこれを狂乱物価と批判していた政敵の福田赳夫を蔵相に抜擢して日本は安定成長期に入った。

参考:Wikipedia

田中角栄の名言集

ダメだと言うなら、それよりいい案を出しなさい。

バカになってでも、周りへの目配り、気配りを忘れるな。他人の意見に耳を傾けてやれ。我を通すだけが能じゃない。

時間の守れん人間は何をやってもダメだ。

確かにノーというのは勇気がいる。しかし、逆に信頼度はノーで高まる場合もある。ノーとイエスははっきり言ったほうが、長い目で見れば信用されるということだ。

カネというものはチマチマ使うより、ここぞというときは一気に使え。その方が、効果は何倍も大きい。

ウソはつくな。すぐばれる。気の利いたことは云うな。後が続かなくなる。そして何より、自分の言葉でしゃべることだ。

高いものは、いつか必ず下がる。人気だって波のようなもので返す波は低くとも、寄せる波は高い。

自民党の為ではありません。国民の為なんです。

人と会うのが醍醐味になってこそ本物。

法律を使うのは人間である。人間が使えないような法律は、法律ではない。

まとめ

今回は「田中角栄」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「田中角栄」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5