西暦1600年代の偉人

【宮本武蔵】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「宮本武蔵」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「宮本武蔵」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

宮本武蔵とは

宮本 武蔵(みやもと むさし)は、寛永20年(1643年)に数え年60歳となり、生年は天正12年(1584年)となる。
美作生誕説は、吉川英治の小説『宮本武蔵』などに採用されたため広く知られ、岡山県および美作市(旧大原町)などは宮本武蔵生誕地として観光開発を行っている。
江戸後期にまとめられた『小倉宮本家系図』、並びに武蔵を宮本氏歴代年譜の筆頭に置く『宮本氏正統記』には天正10年(1582年)に生まれ、正保2年(1645年)享年64で没したと記されている。

江戸時代初期の剣術家、兵法家、芸術家。二刀を用いる二天一流兵法の開祖。
本姓は藤原氏[注釈 2]、名字は宮本、または新免。幼名は辨助[注釈 3](べんのすけ)、通称(百官名)は武蔵、諱は玄信(はるのぶ)である。号は二天、また二天道楽。著書『五輪書』の中では新免武蔵守・藤原玄信と名乗っている。

参考:Wikipedia

宮本武蔵の名言集

我、神仏を尊びて、神仏を頼らず。

打ち込む態勢をつくるのが先で、剣はそれに従うものだ。

武士といえば、常に死ができている者と自惚れているようだが、そんなものは出家、女、百姓とて同様だ。武士が他と異なるのは、兵法の心得があるという一点においてだけだ。

役に立たぬ事を、せざる事。

身を捨てても名利は捨てず。

我、事において後悔せず。

空を道とし、道を空とみる。

身を浅く思ひ、世を深く思ふ。

多数の人間と戦う時は、こちらが待っていてはいけない。敵が四方から攻めかかってきても、むしろ、こちらから、一方へ追い回す心で向かっていくべきである。待っていてはいけない。こちらから強く切り込み、敵の集団を追いくずし、切りくずしていくのである。

恋慕の思いに、寄る心なし。

武士は己を知る者のために死す。

心、常に、道を離れず。

初めの少しのゆがみが、あとには大きくゆがむものである。

一理に達すれば万法に通ず。

一生の間、欲心を思わず。

千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす。

何れの道にも、別れを悲しまず。

道においては死をいとわず思う。

観見二つのこと、観の目つよく、見の目よわく、遠き所を近く見、近き所を遠く見ること、それが兵法の要である。

体の大きい者も小さい者も、心をまっすぐにして、自分自身の条件にとらわれないようにすることが大切である。

次のページへ >

-西暦1600年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5