マリー・アントワネット 偉人

【マリー・アントワネット】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「マリー・アントワネット」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「マリー・アントワネット」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

マリー・アントワネットとは

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アプスブール=ロレーヌ・ドートリシュ(フランス語: Marie-Antoinette-Josèphe-Jeanne de Habsbourg-Lorraine d'Autriche, 1755年11月2日 - 1793年10月16日)は、ドイツ生まれ、フランス国王ルイ16世の王妃。

1789年のフランス革命に反対し、宮廷の反革命勢力を形成した。最後はヴァレンヌ逃亡に失敗し、反革命の中心人物として処刑された。
参考:Wikipedia

マリー・アントワネットの名言集

勇気!私はそれを何年も見せてきた。私の苦しみが終わろうとしている瞬間にそれを失うと思う?

最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる。

皆を悲しませることになればそれは私の最大の悲しみとなる。

人生に失敗した人の多くは、諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。

さようなら、子供たち、永遠に。私はあなたたちのお父さんの元へ行くわ。

王は私にとっても優しい。私は王を深く愛しています。

私は退屈でいることが怖い。

あらゆる無駄の中で、最もとがめるべきは時間の浪費だわ。

愛するお母さんが私が身を固めるためにどれだけ多くのことをしてくれたのか、毎日ますます感じるようになっている。

子どもたちを残していくことだけが心残りです。私が生きてこられたのは、あの子たちと、やさしく親切なあなたがいらっしゃったから。

首から下で稼げるのは1日数ドルだが、首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。

私には友達がいた。彼らや彼らの持つ苦しみから永遠に切り離されているという思いは、私が死にそうなくらい苦しんでいる最も大きな悲しみの1つなの。

何もかも犠牲にしてくださったあなたを、私はなんという状態のなかに残していかなければならないのでしょう。

パリに入った時一番感動したのは、高い税金に苦しめられながらも私たちを見て喜んでくれた貧しい人々の優しさと熱心さでした。

危機の際は、頭を守ることがなにより重要なのです。

礼儀作法について私は何も教わることはないと、思ってもらっていいわ。

私は全てを見た。私は全てを聞いた。私は全てを忘れた。

ドレスに夢中になっているのは事実。だけど私は着なかったけどみんなも着ている衣装も素晴らしいわよね。

私は女王だった。あなたは私の王冠を奪った。

不幸な暮らしをしながら私たちに尽くしてくれる人々がいるのなら、今よりさらに彼らの幸せのために身を捧げるのが当然のつとめです。

次のページへ >

-マリー・アントワネット, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5