西暦1700年代の偉人

【イカチリーナ・フタラーヤ・アレクセーエヴナ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:BAZAAR

今回は有名な「イカチリーナ・フタラーヤ・アレクセーエヴナ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「イカチリーナ・フタラーヤ・アレクセーエヴナ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

イカチリーナ・フタラーヤ・アレクセーエヴナとは

エカチェリーナ2世(エカチェリーナ2世アレクセーエヴナ、ロシア語: Екатерина II Алексеевна, ラテン文字転写: Yekaterina II Alekseyevna (イカチリーナ・フタラーヤ・アレクセーエヴナ)、1729年4月21日(ロシア暦)/5月2日(グレゴリオ暦) - 1796年11月6日(ロシア暦)/11月17日(グレゴリオ暦))は、ロマノフ朝第8代ロシア皇帝(在位:1762年6月28日(ロシア暦)/7月9日(グレゴリオ暦) - 1796年11月6日(ロシア暦)/11月17日(グレゴリオ暦))。夫はピョートル3世ならびにグリゴリー・ポチョムキン(秘密結婚)、子はパーヴェル1世ほか。
プロイセンのフリードリヒ2世(大王)やオーストリアのヨーゼフ2世と共に啓蒙専制君主の代表とされる。ロシア帝国の領土をポーランドやウクライナに拡大し、大帝 (ヴェリーカヤ)(Вели́кая)と称される。
帝政時代にロシア帝国国立銀行(ロシア語版)が発行していた100ルーブル紙幣の肖像に描かれていたほか、沿ドニエストル共和国の国立銀行(ロシア語版)が発行する500沿ドニエストル・ルーブルにも描かれていた。近年は「エカチェリーナ」の表記が普及してきた。また、ドイツ語や英語由来の「カタリーナ」(Katharina II.)、「カザリン」、「キャサリン」などの表記も散見する。[要出典]
参考:Wikipedia

イカチリーナ・フタラーヤ・アレクセーエヴナの名言集

私は声を上げて称賛し、声をやわらげて咎める

大きな風が吹いている、あなたに想像力か頭痛をもたらす風が。

独裁政治は人々が思っているほど容易な仕事ではない

私の仕事はわたし専制君主であること。そして神様の仕事はそんな私を許すこと

私は結婚で幸福になるため、はるばる旅をしてきたのではない。政治という仕事、ロシア帝国に君臨するために嫁いだのだ

ロシアの人々が読み書きできたなら、きっとすぐに私なんて打倒しただろうに。

恐れを抱かずに私は生きていこう。

これからは1人でこのロシアを治めなければならないのか!

褒め称えるときは大々的に、非難するときは静かにするのが私の好みです。

愛がなければ一日たりとも生きていけない

市民の安全を保障するために、法は構成されなければならない。

私は外見のことよりも教養を身につけることに興味を持ったのだ。

遺体には白いドレスを着せ、洗礼名を彫った黄金の王冠を頭に載せること。喪服を着るのは6か月を超えないこと。短い方がのぞましい。

いかなる市民も他の市民を恐れることがないように、むしろ全市民が同じ法への恐れをもつように、法は構成されなければならない。

頼りにできる人は、もう一人も残っていません

何か苦難に打ち負かされそうになれば、生きる喜びを思って立ち直ること。すべてに耐えて克服するために、とにかく朗らかでなければ

国家のお墨付きがない権力なんて何の力もない

私を支えていたのは、私の自尊心です。

私は命令を発するとき 状況をよく吟味し相談し助言を受けます。そして、賛同してもらえると確信できるときにのみ、人々に命じます。

(予防接種に反対する者は)まったくのとんでもないバカ者か無知、単なる不道徳者

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1700年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム