カテゴリー別で記事を検索

【マザー・テレサ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「マザー・テレサ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「マザー・テレサ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

マザー・テレサとは

マザー・テレサ(Mother Teresa, 1910年8月26日 – 1997年9月5日)、あるいはコルカタの聖テレサ(Saint Teresa of Calcutta)は、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。マザー・テレサことアグネス・ゴンジャ・ボヤジュは1910年8月26日、コソボ州・ユスキュプ(今の北マケドニア共和国・スコピエ)に生まれた。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。1996年にはアメリカ合衆国史上5人目の名誉市民に選ばれている。

参考:Wikipedia

マザー・テレサの名言集

この世にはパンに飢えている人たちより、愛や感謝に飢えている人たちの方が多いのです。

ちょっとした笑顔が可能にするすべての良いことを私たちは知らない。

小さなことは本当に小さい。だけれども、小さなことを真心を込めて行うことは素晴らしいことなのです。

誰かに微笑むたびこと、それは愛の表現であり、その人へのすばらしい贈り物になるのです。

世界平和のために何ができますか?家に帰ってあなたの家族を愛してください。

あなたが百人に食べ物を与えることができないのなら、ただ一人に与えなさい。

愛はいつでも旬の果物と同じ。そして誰の手にも届く所にあるのです。

ランプの灯を灯しつづけるには、絶えず油を注ぎつづける必要があります。

傷つくまで愛するともう痛みはなくなります。そこには深い愛が残るだけ。

どれだけ多くを施したかではなく、それをするのに、どれだけ多くの愛を込めたかが重要なのです。大切なのは、どれだけ多くを与えたかではなく、それを与えることに、どれだけ愛を込めたかです。

もし平和が実現していないのなら、それは私たちが同じ仲間だということを忘れているからです。

愛情に対する飢えはパンに対する飢えよりも対処することが難しいのです。

平和は微笑みから始まります。

貧しい人たちにあなたの人生だって与えることはできます。しかし、微笑でそれをしなければ、何も与えることにはなりません。

奇跡なのは、私たちがこの仕事をしていることではなく、私たちがそれを喜んでやっているということです。

リーダーを待つのはやめなさい。一人で、人から人へと行えばいいのです。

短く簡単な言葉でも、心のこもった言葉はある。そんな言葉はいつまでも心の中に響き続ける。

現代の最悪の病はハンセン病でも結核でもなく、誰からも望まれていないという気持ちになることです。

神は私たちに、成功なんて望んでいません。ただ、あなたが挑戦することを望んでいるだけです。

私たちは、大きいことをすることはできません。小さなことを大きな愛をもって行うことだけはできます。