西暦1900年代の偉人

【南方熊楠】和歌山県出身の名言集

引用元:和歌山県 田辺観光協会

今回は有名な「南方熊楠」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「南方熊楠」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

南方熊楠とは

南方 熊楠(みなかた くまぐす、1867年5月18日(慶応3年4月15日) - 1941年(昭和16年)12月29日)は、日本の博物学者、生物学者、民俗学者。

生物学者としては粘菌の研究で知られているが、キノコ、藻類、コケ、シダなどの研究もしており、さらに高等植物や昆虫、小動物の採集もおこなっていた。そうした調査に基づいて生態学(ecology)を早くから日本に導入したことが注目される。

1929年には昭和天皇に進講し、粘菌標品110種類を進献している。

英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、スペイン語に長けていた他、漢文の読解力も高く、古今東西の文献を渉猟した。熊楠の言動や性格が奇抜で人並み外れたものであるため、後世に数々の逸話を残している。

参考:Wikipedia

南方熊楠の名言集

淫猥のこと一切、禁ず

相手が高名な学者じゃからちゅうて、間違っちょるもんを正しいと心にもない世辞を並び立てるような未開人は

イギリスにはいても日本にはおらん!誤りを正すほどの気兼ねもない卑屈な奴など生きておっても何の益もない!

縁の下に白い小鳥が死んでるから、朝になったら葬ってやってくれ

あぁ・・・天井に紫の花が一面に咲いている・・・医者が来ると花が消えてしまうから、今日は医者を呼ばないでおくれ・・・

宇宙万有は無尽なり。ただし人すでに心あり。心ある以上は心の能うだけの楽しみを宇宙より取る。

宇宙の幾分を化しておのれの心の楽しみとす。これを智と称することかと思う

世界に不要のものなし

権威に媚び明らかな間違いを不問にしてまで阿諛追従する者など日本には居ない

肩書きがなくては己れが何なのかもわからんような阿呆共の仲間になることはない

こんなことで一度だけの命を賭けるのは馬鹿馬鹿しい

学問は活物(いきもの)で書籍は糟粕だ

まとめ

今回は「南方熊楠」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「南方熊楠」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム