カテゴリー別で記事を検索

【ウィンストン・チャーチル】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ウィンストン・チャーチル」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ウィンストン・チャーチル」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ウィンストン・チャーチルとは

サー・ウィンストン・レナード・スペンサー・チャーチル(英語: Sir Winston Leonard Spencer Churchill、1874年11月30日 – 1965年1月24日)は、イギリスの政治家、軍人、作家。オックスフォードシャーウッドストックにあるマールバラ公爵家自邸のブレナム宮殿で誕生する。

サンドハースト王立陸軍士官学校で軽騎兵連隊に所属し、第二次キューバ戦争を観戦し、イギリス領インド帝国でパシュトゥーン人反乱鎮圧戦、スーダン侵攻、第二次ボーア戦争に従軍した。1900年のイギリス総選挙にオールダム選挙区から保守党候補として初当選。アスキス内閣では通商大臣・内務大臣に就任し、ロイド・ジョージとともに急進派として失業保険制度など社会改良政策に尽力、この体験を通じて暴動やストライキ運動に直面し社会主義への敵意を強めた。

参考:Wikipedia

ウィンストン・チャーチルの名言集

先を見すぎてはいけない。運命の糸は一度に一本しかつかめないのだ。

成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。

凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない。

誠実でなければ、 人を動かすことはできない。人を感動させるには、 自分が心の底から感動しなければならない。自分が涙を流さなければ、 人の涙を誘うことはできない。自分が信じなければ、 人を信じさせることはできない。

変転する状況のただ中で、ひとりの人間が終始一貫性を保つただひとつの可能性は、すべてを支配する不変の目標に忠実でありながら、状況に応じて変化することにある。

決して屈するな。決して、決して、決して!

成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。

現在我々は悪い時期を通過している。事態は良くなるまでに、おそらく現在より悪くなるだろう。しかし我々が忍耐し、我慢しさえすれば、やがて良くなることを私は全く疑わない。

事前にあわてふためいて、あとは悠然と構えているほうが、事前に悠然と構えていて、事が起こった時にあわてふためくよりも、利口な場合がある。

大切なことは、力のない人の言葉が認められることである。

夢を捨てるとき、この世は存在しなくなる。

金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことはすべてを失う。

全力を尽くすだけでは十分ではない。時には必要なことをやらなければ。

短い言葉が最高だ。なおかつ古い言葉なら、まったく申し分ない。

敵がいる?良いことだ。それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ。

民主主義は最悪の政治形態らしい。ただし、これまでに試されたすべての形態を別にすればの話であるが。

力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。

我々は、勝ったから慈悲深くすることができるのだ。我々は強いから寛大でありうるのだ。

完全主義では、何もできない。

前向きな考え方をする者は、見えないものを見て、実体のない者を感じ取り、不可能思われることを実現する。