芸能人・タレント

【平嶋 夏海 】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:平嶋夏海Twitter

今回は有名な「平嶋 夏海」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「平嶋 夏海」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

平嶋 夏海とは

平嶋 夏海(ひらじま なつみ) 日本・東京都出身 生年月日 1992年5月28日
日本のタレント、女優、グラビアアイドル[3]。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバー[4][5]。ワンエイトプロモーション所属。
2005年10月30日、『AKB48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7924名、最終合格者24名)。
12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った(当時は旧チームAに所属)。
2012年1月28日、男性と撮った私的な写真が流出したことが原因で[9][10]、AKB48の活動を辞退することを申し出る[11]。同時に渡り廊下走り隊も脱退を表明した[12]。
2月5日、『上からマリコ』劇場盤大握手会をもってAKB48メンバーとしての活動を終了[13][14]。
好きなことは、寝ることと漫画を読むこと[39]。「お風呂でもどこでもすぐ寝れる」ことが特技である[40]。かつては水泳とピアノを趣味として挙げていた[41]。
叱られて伸びるタイプ。褒められることが苦手[39]。部屋はクマのぬいぐるみで溢れている[39]。

参考:Wikipedia

平嶋 夏海の名言集

いつも感謝、冷静に、丁寧に、正確に。みんなの夢が叶いますように

目指すはスカイツリーだ

バイクはこのくらいの涼しさがいい

やっぱクラッチは重いよ……、握力を鍛えないと

セクシーさはどこのユニットにも負けません。Merm4idはセクシーな衣装とダンスが特徴的で、他ユニットがマネできない最大の強みだと思います。

1stライブ(“D4DJ 1st LIVE”)は忘れられません。

「私もMerm4idのみんなが大好き!」という気持ちを大切に、自分自身も演じていて楽しい気持ちになるように心がけています!

みんなで「フーッ!」と思いっきり掛け声ができる「Floor Killer」、常にジャンプするのでふくらはぎを破壊しにかかってくる「ING」。

「私のこと好きにならないなんておかしい!」くらいの積極的な気持ちで歌っています。

「HONEY」はこれまでのMerm4idのオリジナル/カバー曲にはない、とても大人なアレンジになっているので、他ユニットとの差が出せる演出を4人で考えました。

Merm4idにしては可愛らしくなってしまうけど「桜チラリ」や「大きな愛でもてなして」もカバーしてみたいし、Juice=Juiceさんの「「ひとりで生きられそう」ってそれってねえ褒めているの」

Photon Maidenさんの雰囲気が好きで、客席からリハーサルを観たのですが、「Here’s the light」はサビの手の振り付けが真似しやすいので完コピできるようになりたいです。

関東近辺だけじゃなく、他の地域にもライブで遠征できたらいいなって思います。「D4DJ」のみんなともっとキズナを深めていきたいです

父の影響です。バイクを7台くらい持っていて、小学生の頃は兄と弟と私が交互に父のバイクに乗せてもらってツーリングをしていたんです。

実は、(当時の)事務所に内緒で通っていたんです。AKB時代から通い始めて、取れたのは約1年後。ハタチになっていました

バイクは路上教習がないんですよ。だから、怖くてお父さんに車で先導してもらい、その後ろをトコトコと(笑)。

『車の運転がヘタなヤツはすべてがダメ。仕事もできない』って言われるんです(笑)。

年令的にも低い子が多くて“ガキンチョの集まり”って感じでした。修学旅行みたいにワイワイガヤガヤしていてマネジャーに怒られる…みたいな。

「何で私は立てないんだろう?」みたいなのはありましたけど、それでまゆゆに辛く当たるとか、無視するとかはなかったです。

まゆゆとか、ゆきりん(柏木由紀)には到底、届かないだろうなぁ〜とは思いつつ、届かないなりに、できるだけそこに近いポジションがあったらいいなという気持ちはありましたね。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム