その他有名人

【森 博嗣】の名言集|名言まとめドットコム

引用元: たのしい教育研究所 公式サイト

今回は有名な「森 博嗣」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「森 博嗣」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

森 博嗣とは

1957年〈昭和32年〉12月7日、愛知県に生まれる。本の工学者・小説家・随筆家・同人作家。学位は工学博士(名古屋大学・1990年)。
1995年の夏休みに処女作『冷たい密室と博士たち』を約1週間で執筆。原稿募集が始まったメフィストに投稿し、編集部から次作の要望を受ける。第4作『すべてがFになる』の完成後、メフィスト編集部がメフィスト賞の誕生を発表。『すべてがFになる』が第1回メフィスト賞受賞作となる。1996年4月のデビュー作『すべてがFになる』刊行時には第5作目までが刊行予定とされていた。それ以降も大学で勤務しながらハイペースで作品を発表し、一躍人気作家となる。当初の著者プロフィールでは「国立N大学助教授」や「某国立大学の工学部助教授」としていたが、2005年に名古屋大学を退官した後は「作家」や「工学博士」などに変更している。
教員時代の海外へ短期留学の時期および三重大学に勤務していた時期以外は、故郷の愛知県に居住していた。2013年時点で「涼しい国」に在住していた模様。ただし「外国」とは書いていないので、信濃国や越前国の可能性もある。また町内会に入会していたとのことである。 その後また転居をしたようで2017年の著作では「現在、海外のどこか涼しい国にいるらしい」と書かれている。

参考:Wikipedia

森 博嗣の名言集

優しいというのは、矛盾を許容できる、という意味だよ。

「強さ」と「美しさ」は似ている。「強い」とは、自分の「弱さ」を知っていることであり、「美しい」とは自分の「醜さ」を知っていることである。

「やる気」も「やりがい」もちょっとした装飾である。「やる気」の有無は重要ではない。問題は「やる」か「やらないか」の違いだ。

timeismoneyなんて言葉があるが、それは、時間を甘く見た言い方である。金よりも時間の方が何千倍も貴重だし、時間の価値は、つまり生命に限りなく等しいのである。

どんな作戦であれ、最初の一手のバリエーションは極めて少ない。

「やりたいこと」と「できること」は一般的に異なる。一致させる必要もない。

みんな何かに所属させられているしみんなにかの仲間外れ

人生には、テキストもノートも助っ人も、何でも持ち込めます。

天は二物を与えず、はそのとおり。三物以上与えるのが普通。

正解とは、真実とは、本人が最も納得できる仮説に他ならないのです。

貴方は、言葉を駆使して、自分の歩いてきた道の舗装をされているだけよ。貴方は、後ろ向きに掃除をしているだけ。

あまり気になさらない方が良いです。僕も貴女も、時間は未来にしか残っていません。

「こんなに頑張っているのに、どうしてうまくいかないの?」「うまくいくように、頑張ってみたら?」

デザインの語源は「削る」という意味である。不要なものを消して、最適なものを選ぶことだ。けっして「足して飾る」ことではない。

方角はどちらであれ、向いている方へ進めば、その人にとっては「前進」だ。

「誠意」が相手に届くことは稀であるが、自分に届かないことは決してない。

笑いたまえ。いくら努力しても、せいぜい自分の運命が思いどおりになるだけのことだ。

「先生、現実って何でしょう?」「現実とは何か、と考える瞬間にだけ、人間の思考に現れる幻想だ。」

「思い出と記憶って、どこが違うか知っている?」「思い出は全部記憶しているけどね、記憶は全部は思い出せないんだ。」

「多くの意見」ではなく「正しい意見」を求めよう。「自分の意見」があればそれができる。

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2021 名言まとめドットコム