その他有名人

【北尾 吉孝】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:北尾吉孝(SBIホールディングス)

今回は有名な「北尾 吉孝」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「北尾 吉孝」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

北尾 吉孝とは

1951年1月21日生まれ、兵庫県出身。日本の実業家、SBIホールディングス代表取締役社長CEOで、SBIインベストメント代表取締役執行役員会長。SBIグループの創業者でもある。
1974年 慶應義塾大学経済学部経済学科(気賀ゼミ)卒業、野村證券株式会社入社 総合企画室。
1978年 ケンブリッジ大学経済学部卒、野村證券株式会社海外投資顧問室。
1982年 同ニューヨーク拠点(NSI)。
1987年 同第二事業法人部次長。
1989年 ワッサースタイン・ペレラ社常務取締役(ロンドン)。
1991年 野村企業情報株式会社取締役(兼務)。
1992年 野村證券株式会社 事業法人三部長。
1995年 野村證券がソフトバンクの株式公開を担当したことが縁でソフトバンク株式会社の孫正義に出会い、スカウトされる。ソフトバンク株式会社常務取締役。
1999年 ソフトバンク・インベストメント株式会社(現・SBIホールディングス株式会社)代表取締役社長CEO。
2005年 財団法人SBI子ども希望財団 理事。
2008年 SBI大学院大学 学長。
2019年 一般社団法人日本STO協会会長。

参考:Wikipedia

北尾 吉孝の名言集

人間は、仕事の中で成長する。

幸福感がなければ、働き続けることはできない。

仕事という字を見てください。「仕」も「事」も「つかえる」と読みます。では誰に仕えるのかと言えば天につかえるのです。

まだ社会経験の浅い人たちにとって何より大切なのはまず一心不乱に仕事に打ち込むことです。そして謙虚になって先輩に教えを請うてみることなのです。

仕事を金儲けや自分の生活の糧を得るためのものだと考えると人生はつまらないものになります。世のため人のためになることをするからこそ、そこに生きがいが生まれてくるのです。

利益は、正しい行いの結果でなくてはならない。

正しいことをやらなければ、物事は決して成功しない。

世俗的な成功のために会社を起こしたのか、それとも世のため人のために会社を起こしたのか。この違いは大きい。

成功する起業家は、みんな”志”を持っている。“志”は、“野心”とは違う。野心は自分自身のためだけで、志というのは世のため人のためなんです。志をきちんと持って、人間的魅力がある人なら、能力的に優秀な人でなくても起業家として成功できます。なぜなら有能な人材が、その志に共感して自然と集まってくるからです。だから起業家に一番大事なのは、純粋な志を持っているかどうかということです。

人間はすぐ悩んだり悲しんだりするでしょう。うまくいくのが当たり前だと思っているから、そう思うのだと思います。僕はそうじゃなくて、ほとんどのことは、うまくいかないんだと思っています。うまくいったらラッキーなんだと思うようにしたらいいと思うんです。

公のために自分ができることを生涯通じてやり抜いてあとに続く人々への遺産にする。これが志というものです。

自分を高めるための時間を惜しみ、努力を厭っているようでは、結局、この世に何も残せはしません。

自分の城を守る時に大事なことはまず自分に自信を持てるようになること。そういう人間になるためにはどうしたらいいのか。やっぱり勉強しないといけない苦労しないといけない。

自分の城を守る前にまずは自分の城を築きなさい。目標を決めてそれを越える。そうすると一つの自信ができ、その自信を大きくしようと次の目標を自ら掲げて立ち向かっていく。その繰り返しによって自分の城が築かれていく。そうなって初めて自分自身を拠り所に自分が主となって行動していくことができる。

お釈迦様は亡くなる直前弟子たちに「自灯明(じとうみょう)、法灯明(ほうとうみょう)」と言われました。自分を頼りにしなさい(生きなさい)という事です。そして自分がぐらつきそうになった時は絶対不変の真理を頼ればいいのです。

いまの世の中は国に頼ろうとか親に頼ろうとか自立心に欠ける人が増えているように感じます。自分を頼って生きていくそういう人間に我われ一人ひとりがなっていかないと。

社会貢献をする人をきちんと賞賛することが大切です

大切なのは “事上磨錬” (じじょうまれん)という言葉どおり、毎日の生活・仕事の中で自分のことを鍛えていくということです。そうして自分の精神を高めていく。結果、それが実際の仕事の成果に繋がり、周囲にいろんな良縁ができていきます

“縁尋機妙”(えんじんきみょう)という言葉が仏教にあります。「良い縁が良い縁を尋ねて、さらに展開してゆく様子は不思議なものである」という意味です。まさに仕事で大切なことは、良い人々と出会うことです。そうした良縁を得ることで良い仕事ができるものです。1年や2年で職を転々とするだけの転職では良縁に出会えません。結果、時間のムダです

まずやってみろ。「できない」なんてすぐに音を上げるな。できないのなら、なぜできないのかを考えろ。知恵と工夫と努力が十分かどうかをもう一度反省してみろ。ものの見方を少し変えて、もう一度やり直してみろ

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム