海外の芸能人・タレント

【ヒュー ジャックマン 】の名言集|名言まとめドットコム

まず「がむしゃらに、ジャーナリズムを勉強しなくても大丈夫だよ」ってことだね(笑)。私も周りの学生も、なぜかジャーナリズムに情熱を持てなかったのです。ジャーナリズムを専攻していましたが、同じ時期にアマチュアの演劇クラブにも入っていました。おそらく学業の90%は、演劇クラブに時間を費やしていました。

今でもジャーナリストの方々には、とても尊敬しています。なぜなら、とても難しい仕事だと思っていますし、デジタル化によって掲載スピードが上がり、プレッシャーが増加され、仕事内容がより厳しくなっていますよね。僕にはこなせない仕事だと思っています。

相手に聞かなければならないこともありますよね? でも編集部の方々から、「この質問は絶対に聞いてきてね! 聞けるまで戻ってきてはダメだからね」と言われることでしょうね(苦笑)。

ゲイリーがスキャンダルを報道されたときは、すでに時代の流れが変わりつつあるときでした。今は情報のアクセスに限界がなく、政治家は単なる政治的なリーダーとして理念や思想だけ語るのではダメな時代です。人から好かれ、共感できる人物を演出しなければなりません。

家族と一緒にいるときだね。今回、実は娘と来日しているのですが、彼女は幼少期以来の来日になります。彼女にとって、世界で一番好きな場所が「日本」のようです。なので、今回一緒に来ることができて幸せですよ。

2019年僕は、『グレイテスト・ショーマン』のライブツアーのため、世界を駆け回ります。2019年後半には、日本に来ることになるかと思います。歌って踊ることも好きなので、これぞ幸せな瞬間ですね。 

この映画にはたくさんアクションがあるんだ。僕はこれまでにもかなりたくさんアクションをやってきた。でも、この映画では、僕はスーパーヒーローじゃない。僕は殴られ、やられてしまう(笑)。僕が演じたニックは、退役軍人で、従軍時代にひざを負傷した。だから、ずっと足を引きずっているんだ。

実際のところ素晴らしいチームと一緒に仕事ができて、撮影はとても楽しかったよ。クリフ・カーティスとの格闘シーンは長回しで撮ったので、アクションの振り付けをたくさん覚えないといけなかった。それから、水中でのアクションシーンもあった。それはとてもチャレンジングだったよ。

記憶はどこにあるのか。脳内映画みたいなものなのかなと思ったけど、そうじゃないことがわかったんだ。僕たちは、自分が記憶していると思ったものを思い出して、それを記憶し直していく。だから、思い出すたびに記憶は変わりうるし、僕たちの記憶は変化するものなんだ。

僕は、間違いなく過去に戻るよ。主に、僕の子どもたちが幼かった頃を再体験したいと思う。デブ(妻のデボラ=リー・ファーネス)と恋に落ち始めた頃を再体験したいよ。

まとめ

今回は「ヒュー ジャックマン」の名言・名セリフ集をご紹介しました。
お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。
「ヒュー ジャックマン」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。
ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

ヒュー・ジャックマンが出演している作品の名言について知りたい方はこちら

「レ・ミゼラブル」の名言・名場面集

「X-MEN」の名言・名場面集

「グレイテスト・ショーマン」の名言・名場面集

スポンサーリンク

-海外の芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム