芸能人・タレント

【武田真治】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:ホリプロ

今回は有名な「武田真治」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「武田真治」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

武田真治とは

1972年12月18日に北海道札幌市北区篠路で生まれる。
1989年、高校在学時に「第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞する。中性的な美貌を売りに、いしだ壱成とともに「フェミ男」と呼ばれ、アイドル的存在となる。
1990年にドラマ『なかよし』で俳優デビューし、1992年には映画『七人のおたく』にて、映画初出演を果たす。
1995年4月、シングル『Blow up』でミュージシャンデビューする。
2003年4月より、NHKの番組『新・トップランナー』にて司会を務める。
2006年、5月3日に初日を迎えた『エリザベート』で、初のミュージカルに挑戦する。
2020年6月25日、YouTubeチャンネル開設する。
2020年7月1日、歯科衛生士でモデルの静まなみと結婚する。

参考:Wikipedia

武田真治の名言集

辛いもの好き

こだわりを引きずっちゃうと壁を乗り越えられなかったりする

ロックスターって、誰よりも繊細にものづくりに向き合った人間にだけ与えられる称号

無駄なことにしか感動はないと。

チャンスは準備が整ったところに訪れる

先が見えない中でも走れる男でいたい

自分の面倒くらい自分でみられるようにならなきゃダメなんじゃないかな

人生を自分で支えられるように、自分の精神を支えられるようにならないと

ランニングには心の浄化作用がある

週に2、3回はハーフマラソンの距離を走ってた

ヘトヘトになって眠ることって、とても人生を大事にしてると実感

内側のパーソナルなところにモチベーションの軸を置かないと、効果も出ない

他人に聞いてしまうのは、要するに方法論にとらわれている

自分でやってみる傾向が強い

無駄なものこそ美しいのは世の常

「僕は何の価値もない人間だ」とまで考えるようになってしまった

縄跳びは今の運動レベルや心体の状態・バランスを如実に知ることができる

モチベーションの源とか、やる気になる理由を自分の中ではなく、外に求めてしまうとトレーニングなんて続けられない

欲しいものは、自分自身で失敗しながら学んだやり方でしか手に入らない

体を鍛え始めたのは90年代

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム