芸能人・タレント

【綾瀬 はるか】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:ホリプロオフィシャルサイト

今回は有名な「綾瀬 はるか」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「綾瀬 はるか」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

綾瀬 はるかとは

1985年〈昭和60年〉3月24日生まれ、広島県広島市出身。日本の女優。
2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。
2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
2003年、フジテレビ系ドラマ『僕の生きる道』で初の連続ドラマレギュラー出演。
2004年、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒロインに抜擢される。
2005年、年末に第47回 輝く!日本レコード大賞で司会を務める。
2006年3月24日、小林武史プロデュースによるシングル「ピリオド」で歌手デビュー。オリコンチャート初登場8位を記録。
2007年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。2010年にパート2が放送、2012年に映画版が公開されるほどのヒット作となる。
2013年、『八重の桜』でNHK大河ドラマ初出演および主演。年末に第64回NHK紅白歌合戦で紅組司会を務める。
2015年、出演作『海街diary』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品される。年末に第66回NHK紅白歌合戦で2年ぶり2回目の紅組司会を務める。
2019年、第70回NHK紅白歌合戦で、4年ぶり3回目の紅組司会を務める。

参考:Wikipedia

綾瀬 はるかの名言集

自分のダメなところを見られても平気、見られてナンボ!

何事も自分から心を開いていくことが大切なんですよね。

今が一番幸せって言っていたい。うちのお母さんがいつも「あー幸せ」って言ってて。そういうのがいいなあ、と思います。

一見、近寄りがたいような役者の先輩も、尊敬しつつも、「人としてはホントはどんな人だろう?」っていう好奇心がむくむくとわいてきて、自然となついちゃう。

バカってステキ。何かに失敗するのが怖くて固まってるよりも、失敗して「お前、バカだな」って言われる人生の方が幸せだな。

私は人が好きだから、ストレスを感じたら一人でグチグチしているより、みんなとくだらない話をして笑っているほうが、早く元気になれます。

私のモットーは、「グッとこらえて、サッと流す」なんです。気持ちを切り替えて、切り替えて前向きに。

明るいって最高の魅力だと思うんです。よく笑っている人は幸せ力のある人だと思うし、自分もそうありたい。いつも、「ハハハ~」って大きな口を開けて笑っていたい。

気持ちの切り替えができるひと。 そして自分のやっていることを『好きだから』って自信をもって言える人にあこがれます。

私にとっての『ならぬこと』は、 手を抜くこと。

働けるってすごく幸せです。だから、仕事は文句言わずにやる!全部やる!ですね。

夢を叶える秘訣は「自分を信じること」だと思います。

私の幸せの極意「楽しいことはやめない」

不安だったり、緊張したりするからこそ常に新鮮に仕事に向かえる。

女優という仕事は、お話をいただくから続けられるわけで、自分が「いつまでやる」と決められる仕事ではないのかなと思ったりします。儚い仕事ですよね。

ひとつひとつの役柄が、 内側で積み重なって、 自分の性格や感情が 出来上がっているんだなと感じます。

変身完了!どうも綾瀬はるかです!

私は、天然だとは思っていない

趣味は、足首回し

自分がどうしたいかよりも、まず周りの人がどう思うかということを先に考えがちです。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム