芸能人・タレント、お笑い芸人

【岡村 隆史】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:吉本興業

今回は有名な「岡村 隆史」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「岡村 隆史」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

岡村 隆史とは

1970年7月3日に大阪府大阪市東淀川区で生まれる。日本のお笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティ、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作を担当する。相方は矢部浩之である。
大阪府立茨木西高等学校に進学し、ディエゴ・マラドーナに憧れてサッカー部に入部する。同校の1学年先輩に、矢部浩之の実兄・矢部美幸がいた。2年生時に矢部浩之が後輩として入部し、先輩後輩として付き合いが始まる。当時の友人の中には舞台俳優の鈴木健介もおり、友人らとは卒業後も付き合いがあり、ラジオ番組の中でもコンビの共通の話題として度々ネタにしている。
一浪の末、本人は大阪芸術大学に進みたかったが、父・治雄(はるお)の勧めで立命館大学経営学部二部へ進学する。しかし、相方の矢部に誘われて吉本興業のタレント養成所・NSCに入所し、大学は1年次で中退した。
NSC入学時の願書の自己PR欄には「必ずトップに立ち、ダウンタウンのようになって見せます」と書いていた。

参考:Wikipedia

岡村 隆史の名言集

Gコードを笑うものはGコードに泣く

ISSAさすがやな。これぞ平成の火野正平

CANできるならDOしちゃいな

真面目にふざけるのが仕事なんだよ

もの凄く、仲悪くなって楽屋でボコボコに殴り合ってても、ちゃんとコンビやって行こうって

強い気持ちを持っていないと、生き残れない

めちゃイケは僕の青春でした

アッコさんにヤられたら芸能人の仲間入りですから

俺がデカかったら普通だぞバカ

テレビで泣いたらさんまさんに怒られるんです

バラエティー番組が無くなったら、いじめはもっと増えますよ!

今もう芸能リポーターの人楽になったねえ

俺なんて支えてもらってないからね

笑わせるのは好きやけど笑われるのは嫌いやねん

親父の敷いたレールの上を歩いていただけ

下に見るやつをさらに下に見るぞ

俺…テレビで号泣してしまった

経験が増しても、仕事に対する緊張感はずっと変わりませんね

この仕事、やっぱりひりひりした中でやる方が、達成感もありますから。

モテないコンプレックスはエネルギー

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント、お笑い芸人

© 2021 名言まとめドットコム