その他有名人

【羽生 善治 】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:日本将棋連盟

今回は有名な「羽生 善治」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「羽生 善治」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

羽生 善治とは

羽生 善治(はぶ よしはる )出身地 日本・埼玉県所沢市 生年月日 1970年9月27日
日本の将棋棋士。国民栄誉賞受賞者。

1985年に中学生でプロ棋士となり、1989年、初タイトルとして竜王位を獲得。1996年2月14日、将棋界で初の全7タイトル(竜王・名人・王位・王座・棋王・王将・棋聖)(当時のタイトル数は7)の独占を達成。
第45期王将戦七番勝負の決着は、前年とは異なりあっさりとやって来た。羽生は開幕から3連勝し、山口県のマリンピアくろいでの第4局(1996年2月13日-2月14日)を迎える。報道陣の数は1日目から170名を超え、2日目には250名近くに達した。羽生の後手番で戦形は横歩取りの激しい将棋となり、82手で羽生の勝利。4-0のストレートで王将位を奪取し、ついに七冠独占を達成した。横歩取りは、谷川が低段の頃に愛用しており、それに影響を受けた小学生時代の羽生少年が好ん日、17歳2か月で天王戦優勝。で指していた戦法であったため、その戦形で七冠を達成できたことは、感慨深かったという。

参考:wikipedia

羽生 善治の名言集

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている

楽観はしない。ましてや悲観もしない。ひたすら平常心で。

同じ方法で悪くなる。だから捨てなきゃいけない。せっかく長年築きあげてきたものでも変えていかなくてはならない。

「自分の得意な形に逃げない」ということを心がけている。

一番いいと思えるものを簡単に単純に考えることができれば逆境からの突破口を見出せる。

追い詰められた場所にこそ、大きな飛躍があるのだ。

いろいろ考えられる選択肢の中から、「この一手」を選ぶのは自分しかいないわけです。

毎回石橋を叩いていたら 勢いも流れも絶対つかめない。

ただ一局一局を大切にそこにだけ集中して指してきた。

勝負に一番影響するのは「怒」の感情だ。

長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない。

相手のことを知るよりも、自分自身が強くなればそれで済む世界だし、それを目指した方が本筋というか、王道という気がする。

見た目にはかなり危険でも読み切っていれば怖くはない。剣豪の勝負でもお互いの斬り合いで相手の刀の切っ先が鼻先1cmの所をかすめていても読みきっていれば大丈夫なんです

一人一人で考えるか、それとも何人かの人が集まって知恵を出し合うか、どちらがより有効かは、非常に面白いテーマだ。 私は、基本的には一人で考えなくてはいけないと思っている。

勝ち負けには、もちろんこだわるんですが、大切なのは過程です。結果だけなら、ジャンケンでいい

プレッシャーはその人の持っている器に対してかかるものだ。器が大きければプレッシャーを感じることがないはずだと自分に言い聞かせています

イメージが浮かぶのは序盤と終盤である。
浮かんでしまえば、あとは中盤でその間のつじつまを合わせればいい。

遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます。

山ほどある情報から自分に必要な情報を得るには、「選ぶ」より「いかに捨てるか」の方が、重要なことだと思います。

自分自身を裏切らない努力の姿勢が未来の結果として現れてくる。

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2021 名言まとめドットコム