その他スポーツ

【アイルトン・セナ】F1レーサーの名言集|名言まとめドットコム

今回はF1選手「アイルトン・セナ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、知られていないが本質を突いている名言まで数多く紹介します!

「アイルトン・セナ」の名言の中から、何か一つでもあなたの心に響く名言が見つかることを願っています。

アイルトン・セナの名言集

自分ができると心から信じることができれば,必ずやれる

いくら自分に完璧を求めても完璧な人間なんてどこにもいない。結局、自分や他の人の失敗から学んで行くしかない。

僕たちはいつも限界で闘っている。マシンも人間もだ。それがモーターレーシングでありF1なんだ。

後悔なんてしない…いつでも自分の判断に従って行動しているのだから

期待感や目的を遂げて最高の走りで最高の結果を出そうとする気持ちが、僕にある種の力を与えてくれることがある。

この世に生を受けたことそれが最大のチャンスじゃないか。

2位になることは、敗者の中で1位ということだ。つまり敗者だ。

勝つことが最も重要である。すべてが勝利に帰結する。

私の体の限界、心理的な限界について学び、さらにその先へ行く。それが私の生き方だ。

生きるならば、完璧で、強烈な人生を生きたい。僕は激しい人間だからね。もし中途半端に生きるのなら人生は台無しになる。

お金は不思議なものだ。持っていない人は持つことを熱望し、持っている人はそのせいで多くのトラブルに見舞われる。

サーキットに小さな事故は存在しない。

あなたが限界を感じたとき、何かが起こり、ちょっとだけその先に行けるようになる。あなたの力、決意、本能、そして経験によりとても高く飛ぶことができるんだ。

私は2位や3位になるために作られていない。勝利するために作られているんだ。

女性。彼女たちにはいつも悩まされているが、彼女たちなしでは生きていけないことも事実だ。

ある日、ある状況で、あなたは自分の限界を感じる。

その日は必ず訪れる。今日かもしれないし50年後かもしれない。確かなことはその日は必ず訪れるということだ。

常に自分を オープンにしておくんだ。あらゆる情報や、たくさんの知識を、受け入れられるように。

もし自分が生きるんだったら思う存分密度の濃い生き方をしたい。そうじゃないと人生が台なしになってしまう。

僕に生命を与えてくれるのは戦いだよ。この挑戦が無ければ僕はもう、存在しないだろう。

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他スポーツ

© 2022 名言まとめドットコム