西暦1900年代の偉人

【山口 多聞】の名言集|名言まとめドットコム

金井を殺すようなら、あの時彼を飛ばさなければよかった

戦況は見ての通りだ。この敗勢を挽回するため、諸君の一層の奮励努力を期待する。とにかく仇(かたき)をとってくれ

俺が三人前食うつもりで注文したんだ

君たちはよく頭が痛い腹が痛いとよくいうが、それはいったいどんな感じのものなのかね

これから開始する101号作戦では兵力が半減しても重慶に連続猛攻撃を加え蔣介石政権を壊滅させる

貴女の写真ばかり眺めている多聞より 懐かしくて食べてしまいたい孝子様へ

俺も徹底したいけど中央が言うから

敏子みまかりけるを嘆きて己が身を顧みずして誠心を捧げ人の忘られなく幼児にさぞや心の引かるらむ後安らけく眠りませ君所幼児の母や恋しと慕ふらむ風の吹く日に雨の降る夜に縫う人もなくほころびし我が袖に秋風寒く沁み渡るなり帰りては先ず我妻を見しものを今日は誰にか会はむとすらむ

艦長には隠し芸でもうんとやっってもらう

現世の縁は薄かった我々の交情は永遠です。真の交わりは期間の長短にかかわらず、相互親愛了解の程度如何によるものと信じます。私は衷心より貴女の真心に感謝するとともに、天上より貴女の幸福を祈っやまない次第です。では、くれぐれも御大事に。

武人としてこんないい死に方をするのは本当に幸福ですねー

長官は一言も云わぬ、参謀長先任参謀等どちらがどちらか知らぬが億劫屋揃である

御国の為に役立つ人間になれ

逃げて安易な生を求めるのではなく、死ぬ覚悟で戦いに臨め。そうすれば死中に活を見出せる

(家族に宛てた遺書)御国の為に喜んで死にます

そんな編成はないはずだ。かならず空母がいる。これ以上ぐずぐずはできない

私は責任を完うする。これは私が満足し、最善と思う方法をとるだけだ

いい月だなあ。艦長、二人で月を愛でながら語ろうか

阿部大佐、この戦争は、あと二、三年は非常な激戦の形で続くと私は思う。その間、君も私やこの加来艦長と同じ立場になるかもしれない。その時、一艦、一戦隊の沈没や敗辱の責は、一将にとって死に勝るものであることが分かるだろう。敗勢が己の不徳によることなく、たとえ渾身の善戦をなして悔いることなくてもだ。古来、海将にとって艦とはそのようなものではないか

今回の貴い経験を生かし、大東亜戦争をきっと勝ち抜いてくれ

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム