西暦1900年代の偉人

【フランシス・アルバート・"フランク"・シナトラ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:sinatra

今回は有名な「フランシス・アルバート・"フランク"・シナトラ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「フランシス・アルバート・"フランク"・シナトラ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

フランシス・アルバート・"フランク"・シナトラとは

フランシス・アルバート・"フランク"・シナトラ(英語: Francis Albert "Frank" Sinatra、1915年12月12日 - 1998年5月14日)は、アメリカのエンターテイナー、ポピュラー歌手、ジャズ歌手、俳優。通称「ザ・ヴォイス」。さらに1940年代以降は映画俳優としても活躍し、1953年には第26回アカデミー賞助演男優賞を受賞している。シナトラは、大作からミュージカル映画、コメディ映画まで数多くの映画に出演した。

しかし、デビュー期からイタリア系マフィアとの深い関係が度々取りざたされ、女優(キム・ノヴァックがモデル)を駄目にした歌手のエピソードは実話である。またマフィアを介してジョン・F・ケネディ大統領と親密な交友関係を持ち、ケネディの大統領当選に貢献したものの、後に仲たがいした。

参考:Wikipedia

フランシス・アルバート・"フランク"・シナトラの名言集

酒を飲めない人を気の毒に思う。彼らは朝起きて一番気分のいいのはそのときだけだ。

息子よ(マイ・サン)。ときには、苦い酒、マズい酒を、平気なふりをして、飲まなきゃいけないときがある…。それが、大人の男だ

音楽は人との絆を深めてくれます。音楽には不思議な力があります。悲しい時に慰められたり、逆に気分を落ち着かせたり。そして、同じ音楽の好みの者は驚くほどの共感を得ます。相手の音楽の趣味に合わせてみることで意外なほど気が合うものです

人生はわずか一度だけ、そして私の生きざまから見ると、一度でじゅうぶん。

自分が持っている才能に気付くこと。そして、それを使える状態にすること。そうすれば誰だって幸運に巡り合える。

昔、男はおふくろのように料理ができる女を求めたものだ。近ごろ嫁にもらうのは、親父のように飲める女だ。

トラブルの半分は、俺の名前が母音で終わるからさ。なんでも悪いことは俺に結びつける。ほかにもいっぱいいるが、俺は、ステージで歌っている。見つけやすい、目立つんだ。いい標的ってとこだ。

なんとか切り抜けよう”の部分の歌詞を書き直してくれないか? 私のアルバムの名前は『A Jolly Christmas』だ。だからその部分の歌詞を陽気にして欲しいんだ

今さら、怖じ気づきゃしないさ。さぁ、やろうぜ。時間がなくなっちまう

国と国の間の理解がより深まることを期待して、海外公演に行くことをしばらくの間、計画していたんだ。僕らはすべての国の子供たちを助けることから始められると思ったんだ。そしてもしかしたら、それが彼らの親たちを団結させるきっかけになるかもしれないと思ってね

どんなときも自分にできる最善のことをすればいいだけさ。

マスター。息子が飲めるようになったんだ。キツいのを、2杯頼むよ

人生の大きな教訓はね、何事に対しても決して怖気づいてはいけないということ。

アンクル・サムから不採用通知をもらったんだ

この曲は今まで歌った曲の中で一番好きなんだ

もし君が何か手放せない物を所有しているとすれば、それは所有しているとは言えない。君が所有されているんだ。

もしも心が全てなら、愛しいお金は何になる

酒は人類にとって最大の敵かもしれない、だが聖書はこう言っている、「汝の敵を愛せよ」と。

気取って帽子を斜めにかぶる。その角度に君の態度が表れる。

私はこんな風に名を残したい:素晴らしい人生を過ごした男。良き友、家族に恵まれた男 これ以上に何を求めることができようか

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム