西暦1800年代の偉人

【ヴィクトル・ユーゴー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:英語名言ドットコム

今回は有名な「ヴィクトル・ユーゴー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ヴィクトル・ユーゴー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ヴィクトル・ユーゴーとは

ヴィクトル=マリー・ユーゴー(仏: Victor-Marie Hugo、1802年2月26日 - 1885年5月22日)は、フランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。『レ・ミゼラブル』の著者として著名。

1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。

日本での「Hugo」の表記は、「ユーゴー」と「ユゴー」が併用されているが、ここでは「ユーゴー」を採用する。

参考:Wikipedia

ヴィクトル・ユーゴーの名言集

勇気ある者たちは、全財産を失ったとしても、勇気そのものは決して失わない。

芸術のための芸術は美しいかも知れない。しかし進歩のための芸術はもっと美しいのである。

哲学は思考の顕微鏡である。

海よりも広いものがある。それは空だ。空よりも広いものがある。それは人の心だ。

第一歩は何でもない。困難なのは、最後の一歩だ。

真の恋の兆候は、男においては臆病さに、女は大胆さにある。

もし新聞がなかったら、フランス革命は起こらなかっただろう。

喜びとは、苦悩の大木に実る果実である。

生きている者とは、闘っている者だ。

女は非常に完成した悪魔である。

自然はやさしくほほえむ母のように、我々の夢を安らかに守ってくれて、空想を楽しませてくれる。

生きている者とは、闘っている者だ。

女性が話しかけてきたときは、彼女の目が発する言葉に耳を傾けることだ。

空っぽのポケットほど、人生を冒険的にするものはない。

思慮は理性の労働であり、空想はその愉しみである。

友よ、逆境にあっては、常にこう叫ばねばならない。「希望、希望、また希望」と。

人生最大の幸福は、愛されているという確信である。自分のために愛されている、否、もっと正確には、こんな自分なのに愛されているという確信である。

人は軍隊の侵入には抵抗するが、思想の侵入には抵抗しない。

強く辛辣な言葉は、根拠が弱いことを示している。

不運は人物を作り、幸運は怪物を作る。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム