西暦1900年代の偉人

【折原静六】の名言集|名言まとめドットコム

何人も「貯金の門」をくぐらずに巨富には至り得ない。

社会人として成功するには、とくに人格の根底である品性を高尚にし、悪癖の矯正に努めなければならない

散る花を追うことなかれ、出ずる月を待つべし。くれぐれも過ぎ去った失敗にこだわらぬこと

この世の中は鏡のようなものである自分が額に八の字を寄せて向かえば世の中という鏡もまた
自分に八の字を寄せて睨みかえす。

子孫を本当に幸福ならしめるには、その子孫を努力しやすいように教育し、早くから努力の習慣を与え、かつできるだけ努力の必要な境遇に立たしめることである

最高の満足は、努力その中にある。

富も名誉も身体が健康であってのことで、たとえ金貨の上に寝起きし、百円札の蒲団に包まっていても、足腰の立たない病人に何の幸福があろう。

いくら稼いでも節約しなければ駄目。それはちょうどザルに水を盛るかのようなものだ

熱心はよいが、執着は物事に対する判断を偏し、能率を下げる。したがって、執着とならないように、仕事が終了したらひとまずそれをきれいに忘れるか、あるいは他に気分を転換する方法を講じるとよい。

貯蓄生活を続けて行く上に、一番の障りになるものは虚栄心である

まとめ

今回は「折原静六」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「折原静六」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム