西暦1800年代の偉人

【ルイ パスツール】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:パスツールの研究に一役買ったジュラの銘酒

今回は有名な「ルイ パスツール」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ルイ パスツール」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ルイ パスツールとは

ルイ・パスツール(フランス語:Louis Pasteur,1822年12月27日 - 1895年9月28日、パストゥールとも)は、フランスの生化学者・細菌学者。「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」という言葉で知られる。王立協会外国人会員。ロベルト・コッホと共に「近代細菌学の開祖」とされる。

分子の光学異性体を発見。牛乳、ワイン、ビールの腐敗を防ぐ低温での殺菌法(パスチャライゼーション(Pasteurisation・低温殺菌法とも)を開発。またワクチンの予防接種という方法を開発し、狂犬病ワクチン、ニワトリコレラワクチンを発明している。

参考:Wikipedia

ルイ パスツールの名言集

科学と平和が、無知と戦争に勝利することを、私は確信している。

私が目標を達成できた秘訣を教えよう。それはね、絶対にあきらめないことだよ。

偉大な人々は目標を持ち、そうでない人々は願望を持つ。

偶然は準備のできていない人を助けない。

批判的精神を第一のものとせよ。

真理を認識するだけでは十分ではない。さらに真理を公表しなければならない。

ひらめきは、それを得ようと長い間、準備、苦心した者だけに与えられる。

科学には国境はないが、科学者には祖国がある。

微生物は何ほどでもない。土がすべてである。

一瓶のワインのなかには、すべての書物よりも多くの哲学が詰まっている。

人に名誉を与える職業があるのではなく、むしろその職業を名誉と思う人がいるのである。

病気の治療薬よりも、それを防ぐ方法を私は探す

 

科学者は自分たちが教えを受ける教師の光輝に駆り立てられ、鼓舞されるものだ

浅薄な間違った知識は神から遠ざからせ、深遠で誠の知識は神に近づかせる

私は学問そのものの為に研究するのだ。

青年に神聖な火を伝える為には自分自身が聖なる火に充ちていなければならぬ

ギリシア人が私たちの言語に最も美しい遺産を残してくれました。それは「熱狂」です。ギリシア語の「テオ」、つまり内なる神です。

まとめ

今回は「ルイ パスツール」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ルイ パスツール」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム