西暦2000年代の偉人

【星野 仙一】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:星野仙一さん追悼サイト

今回は有名な「星野 仙一」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「星野 仙一」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

星野 仙一とは

星野 仙一(ほしの せんいち、1947年1月22日 - 2018年1月4日[1])は、日本のプロ野球選手・監督、野球解説者、タレント、コメンテーター。
岡山県児島郡福田町(1953年、倉敷市と合併)出身[2]。選手時代のポジションは投手。セ・リーグ初の最多セーブ投手を獲得している。
中日ドラゴンズ・阪神タイガース・東北楽天ゴールデンイーグルスで監督を務めた。2008年には北京オリンピック野球日本代表の監督も務め、4位まで導いた。2015年より死去まで株式会社楽天野球団取締役副会長を務めた。

参考:Wikipedia

星野 仙一の名言集

勝ちたいんや。

(阪神監督時の優勝インタビューにて)あ~しんどかった

やるべきことだと思っていることを、本気になってやっていかなければ自分の人生も、なにひとつ変わっていきはしないのである。本気か、本気でないのかが人生の分かれ道だ。

弱い者がいたら助けてやるのが、名古屋の男じゃないか

私は技術的なミスに対してはまず怒らない。基本的なものの考え方やメンタルなミスを怒るのです。技術的なミスは、やり直せ,反復しろ,でいい。つまり、汗をかくことで矯正できるのである。

何が起こるかわからん、人生は

弱いチームを引き受けるのは男のロマン。

荒れているオレの姿が映像的に面白いので、必要以上に取り上げられた

やるだけやったら、それでいい。

長嶋さんというのは、人の守ってないところへ打球がいく。逆に王さんは、人が大勢いるところへアーチを描いていく

夢中になれる仕事自体が見つからないと言うことに対して、見つけることよりも、やってみることが大事なんだ。少しでも好きに慣れそうな仕事に、とりあえずチャレンジしてみる。

今、自分があるのは野球のおかげです。野球で遊び、甲子園を夢見て、プロ野球選手になることを夢見て、いろいろな形で野球をしてきて、もっともっと野球に感謝しなければいけない。ということは野球に恩返ししなければいけない、そういうチャンスをいただいた

指示を待つな!勇気を持って、積極的に行け。

これから割れる茶わんを置いておけ

全てはフェアプレーで行われるべきであり、その上でライバルに優れた点があれば、率直に認め、学び、吸収せよ。

ここで使わなかったら、あいつ(枡田)が死んでしまう

迷った時は前に出る。勝負に懸けた時点で正解なんや。

我儘は夢ではない。その考え方の持ち主や、それを助長させる行為は徹底的に駆逐すべきである

弱気は相手を強気にさせる、弱気は強気に押し切られる、強気は弱気を制していく、強気は強気を押し退ける。

日本経済のために優勝したんやないで

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム