西暦1900年代の偉人

【アドルフ ヒトラー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:DIAMOND online

今回は有名な「アドルフ ヒトラー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アドルフ ヒトラー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アドルフ ヒトラーとは

アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler(アードルフ・ヒトラー), 1889年4月20日 - 1945年4月30日)は、ナチス・ドイツの政治家。ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。

「自分たちが最も優秀な民族」だと主張し、1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる。その冒険的な外交政策と人種主義に基づく政策は、全世界を第二次世界大戦へと導き、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を引き起こしたと認識されている。第二次世界大戦敗戦を目前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。

参考:Wikipedia

アドルフ ヒトラーの名言集

我々は、むやみに大きな力を持とう望んでいるのではない。我々の労働のために、我々民族のために、我々ドイツのために立ち上がる必要がある

熱狂する大衆のみが操縦可能である

今私はこの地上での生涯を終えるにあたって、あの女性(エヴァ・ブラウン)を妻にしようと決意した。すなわち、長い年月にわたる忠実な友情を守って彼女の運命を私の運命と分かち合おうとしている女性と、私ならびに私の妻は逃亡及び降伏の屈辱を逃れるために死を選ぶ

我が民族の勤勉さ、能力、結束力を6年間で示すのだ

自己をあらゆる武器で守ろうとしない制度は、事実上自己を放棄している

我々はあらゆる辱めから解放されたのだ。ドイツ国民は、再び強さを取り戻した。その精神において強く、その意志において強く、その不屈さにおいて強く、忍耐力において強くなった主よ、あなたに感謝します。我らドイツ民族とその祖国に、その自由にどうか祝福を

戦争に敗北すれば、ドイツ民族は失われる。この民族が弱い民族であると実証されたからにはドイツ民族の生活など考慮する必要はない

我々はついに将来の領土獲得政策へ移行する。我が民族の子孫のため、領土獲得はもはや権利ではなく義務である。この世界で最も神聖な犠牲は、土地のために流される血である。ドイツは世界の強国となるか、あるいは滅亡するか、そのどちらかである。我がドイツ民族は、植民地ではなく、ヨーロッパの故郷の大地にその力の源を求める。こんにち、ヨーロッパで我々が求める新しい領土はそれはロシアであり、それに従属する東ヨーロッパの衛星国である

我々は、ドイツそしてオーストリアであるいは北で、西で、あらゆる場所でドイツ国民を、そして祖国を正しい動きに戻そうではないか

あの無駄口ききの、飲んだくれのチャーチルめ、奴が全人生で成し遂げた事などあるか?偽りの標本め。第一級の不精者め

バカ者たちは、最大の勲章と一階級特進という名誉ある恩典を与えてやったのに死ねないのだろう!なぜ死の瞬間を恐れるのだろう!私は理解に苦しみ!

今日我が民族は、地上で滅亡する時点に、あるいは奴隷民族として他の民族に奉仕することになる危機に陥っている。我々は我が祖国の存続のために、我々の子供たちの毎日のパンのために、格闘しなければならない。闘争によって、武力によって、最後の精神力まで緊張させ、世界の強国となり、あたらしい領土を獲得することによってのみ、我が偉大なドイツ民族は生存することができる

さらにわたしは、ユダヤ人によって準備され、扇動された大衆を喜ばすための見世物の必要な敵の手に落ちるつもりはない。従ってわたしはベルリンに留まり、総統・首相の座が自らもはや維持されないと判断した瞬間に、自由意志からここで死を選ぶ決心をしたのである

ドイツ帝国の総統として、我が故国のドイツ帝国参入をドイツ史の一ページに書き加える。ドイツ民族にとってもっとも古いこの東方の地を、ただ今をもって、ドイツ帝国の最も新しい砦とする

ドイツ国民は、不名誉に甘んじない。

我々は英国に対し、友情を示してきた。協力も惜しまなかった。だが友情は、一方的だった

役に立つのは人を殴れる人間だけだ

ロシアでの任務は、赤軍の粉砕と国家の解体だ。共産主義はドイツの将来への大きな危険である。ロシアに対する戦いとは、ボルシェビキ人民委員と共産主義的知識人の絶滅でなければならない。これは絶滅戦争だ。絶滅しなければ、敵を打倒しても30年も立てば、共産主義は再びよみがえるであろう

私は夢想家だといわれた。その夢想家がいなければドイツはどうなっていたか、私は未来を信じた。至上の国ドイツが復活を信じたのだ。それは狂気だといわれた。国力の回復を信じた私を経済の復帰を信じた私を人は狂気だといったのだ。だが私こそが正しかった。私は今後も正しくあるだろう

ウィーンでは民族の血統がユダヤ人に汚されている

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム